Lightning Networkで決済可能なバトルロイヤルゲーム「Lightnite」が発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Lightning Networkで決済可能なバトルロイヤルゲーム「Lightnite」が発表

Lightning Networkで決済可能なバトルロイヤルゲーム「Lightnite」が発表

Lightning Networkで決済可能なバトルロイヤルゲーム「Lightnite」がリリース +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

Satoshis.Gamesは、Lightning Network(LN)で決済可能なマルチプレイ型バトルロイヤルゲーム「Lightnite」を発表した。プレイヤーはゲーム中にビットコイン(BTC)を直接獲得して利用できる。開発中のLightniteは、LNと互換性のある「Bluewallet」を通じてアクセスできる。

Lightniteは、Lightning Networkのマイクロペイメントを活用して、ゲーム内のポイント相当のビットコイン(BTC)をプレイヤーに直接クレジットする。Satoshis.Gamesは以下のように述べている。

「Lightniteはオンラインのマルチプレイヤーバトルロワイヤルゲームで、プレーヤー間の協力が金銭的な報酬や罰金に繋がります。プレイヤーは他のプレイヤーを撃ってBTCを獲得し、撃たれるとBTCを失います。」

プレイヤーは、ゲーム内の残高やウォレットから直接ゲーム内アイテムを購入することもできる。Satoshi.Gamesチームは、Lightningネットワークに対応する「Bluewallet」を推奨している。

Lightning Networkはブロックチェーン上で動作するセカンドレイヤーの決済プロトコルだ。参加ノード間で高速取引を可能にし、ビットコインのスケーラビリティ問題のソリューションとされる。ゲームプレイ時には、一定量のビットコイン(BTC)をLightning Networkにアップロードするか、フィアットで直接アイテムを購入する。

2018年にローンチしたLightning Networkの容量は、現在800 BTCを超えて拡大し続けている。1MLによると、ネットワークノード数は過去30日間に2.6%増加した。

Lightning Networkはまだ実験段階であり、比較的リスクが高いと考えられている。9月末にはLN上に存在していた脆弱性が報告された。攻撃者は新しいペイメントチャンネルを開き、偽のトランザクションを送信することができたという。バグは修正されたが、Lightning LabsのCTOであるOlaoluwa Osuntokun氏は、「ネットワークにまだ制限がある」と述べた。利用金額はユーザーのリスク許容度に留める必要がある。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B