ソフトバンクや日本IBMら、ブロックチェーン利用のキャリア間決済システムを20年にも首都圏で導入へ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ソフトバンクや日本IBMら、ブロックチェーン利用のキャリア間決済システムを20年にも首都圏で導入へ
 

ソフトバンクや日本IBMら、ブロックチェーン利用のキャリア間決済システムを20年にも首都圏で導入へ

ソフトバンク、IBMらと提携し、新たな決済システムを2020年に導入
ソフトバンクは日本IBMと米ブロックチェーン企業TBCASoftらと提携し、2020年には首都圏でキャリア間決済システムの導入を目指す。

ブロックチェーン利用のキャリア間決済システムを20年にも首都圏で導入

ソフトバンクは23日、日本IBMと通信事業者向けブロックチェーンを開発するTBCASoftと戦略的な提携を発表した。ブロックチェーン技術を活用して、通信事業者やユーザーへの革新的なサービスの提供を目指す

まずは、2020年度内に首都圏でキャリア間決済システムの導入を目指すという。

TBCASoftは技術とソリューション、ソフトバンクは通信事業者の知見、IBM社はブロックチェーン技術や技術に関するノウハウを相互に提供する。

モバイル決済アプリが海外でも利用可能に

そのCBSGから初の実用化がされる予定なのが今回のキャリア間決済システム(CCPS)となる。

海外でクレジットカードなどを利用すると、一般的に1~2%ほどの事務手数料がかかるが、そういった手数料のないキャリア間決済システムは海外に旅行やビジネスで行った際の有力な選択肢になると考えられる。

すでに今年の2月には同じくコンソーシアムに加入する台湾の通信事業者Far EasToneとソフトバンクとの間で行われた実地実験が成功裏に終わっていた。

実験では、台湾の小売店でソフトバンクのネットワークを介して商品を購入する、あるいはその反対が行われ、無事にクロスボーダー、クロスキャリア決済に成功している。

IBMは、オープンソースのブロックチェーンプロジェクト『Hyperledger』の創立メンバーであり、IBMクラウドサービス上でブロックチェーン基盤を提供し、企業のブロックチェーン導入を支援するサービスなどを提供しており、ブロックチェーンに積極的に取り組んでいる企業のひとつだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B