53%の企業回答「ブロックチェーンは事業優先度トップ5以内」=デロイト調べ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

53%の企業回答「ブロックチェーンは事業優先度トップ5以内」=デロイト調べ

組織のブロックチェーンへの関連度に対する調査(デロイトトーマツの発表資料より引用)

デロイトトーマツ(以下、デロイト)は、ブロックチェーン技術に対する各国企業の姿勢を調査したデータを公開した。同社は2019年2月から3月にかけて、12か国の企業役員を対象にアンケート調査を実施。「極めて優先度が高い分野」という回答が半数を上回る53%から得られたという。

同社は、世界12カ国(ブラジル、カナダ、中国、独国、香港、イスラエル、ルクセンブルク、シンガポール、スイス、アラブ首長国連邦、英国、米国)の企業役員を対象に調査を実施した。米国については年間収益5億ドル以上、その他の国については年間収益1億ドル以上の企業が対象で、それらのシニアエグゼクティブ1386名が調査に協力したという。

デロイトは2018年の調査で、ブロックチェーンの導入が転換期を迎え、ビジネスへの実用化段階への移行が進みつつあると報告した。その主導者は金融サービスであり、フィンテックが技術をリードしているのは現在も変わらない。技術に取り組む企業体は拡大、多様化しているにも関わらず、ビジネスへの浸透は抑制的で、当初の熱狂から変化が見られるという。

社会実装が停滞する一方で、企業の投資意欲は引き続き高い。デロイトの調査によると、2019年内に新規のブロックチェーンの取り組みに「500万ドル以上を投資する予定」との回答が40%あったという。また、今後24か月間でブロックチェーン事業が「優先度トップ5以内の分野」であるとの回答も53%を記録した。

今回の調査で判明したことは、ブロックチェーンの成熟度の増加だという。回答者は前年よりも、技術が持つ利点とユースケースへの理解が深まっており、その適用における障害がより明確になっている。デロイトは公式サイトにて調査資料の全文を公開中だ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B