「仮想通貨の秋」到来、再高騰は当分先=CoinGecko

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨の秋」到来、再高騰は当分先=CoinGecko

2019年第3四半期の上位5コインの市場価格推移。市場価格は軒並み低下したがLTCは半減以上と影響が大きい(CoinGeckoより引用、以下同)

仮想通貨のグローバルランキングサイト「CoinGecko」は、仮想通貨に関する2019年第3四半期レポートを公開した。7月から9月の期間、仮想通貨は全体的な下落トレンドに覆われ、10兆円近くの時価総額が失われたという。Litecoin(LTC)で最も下落幅が大きく、54%下降した。一方Bitcoin(BTC)は最も影響が小さく、結果として市場の占有率を高めた。

2019年第3四半期の市場占有率。BTCは占有率65%からスタートし70.4%まで上昇

今期、Bitcoinでは9月24日に価格の急激な下落が見られたが、原因は判然としないという。BTCに連動する形で、アルトコインはより大きく価格を下落させた。その結果、BTCは市場占有率を高めることとなった。同時に、ドルペッグのステーブルコインTether(USDT)も相対的にその価値を高め、占有率6位に浮上している。

Litecoinは8月に半減期によってマイニング報酬を半減。半減期前の需要増で価格が高騰した状態で第3四半期を迎えたため、第3四半期末にはその価値を大きく下げる結果となった。市場総額ではBitcoin Cash(BCH)に再び逆転され、5位へ転落した。四半期単位でのBCHの4位浮上は、2018年11月のハードフォーク以降初めて。

2019年第3四半期の上位30コイン。BCHが分裂以来半年ぶりに4位復帰

CoinGeckoの分析者らは今回のレポートをまとめ、仮想通貨は「現実世界の季節を追っている」とまとめる。第3四半期には「仮想通貨の夏」が到来。つかの間、BTCの価格高騰を喜ぶも夏は終わり、「仮想通貨の秋」に入ったという。現在もトレーダーの間で弱きムードが漂い、再びの価格高騰にはさらに時間がかかると予想している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B