リップル地域責任者「中東エリアにも大きなビジネスチャンス」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

リップル地域責任者「中東エリアにも大きなビジネスチャンス」
 

リップル地域責任者「中東エリアにも大きなビジネスチャンス」

中東エリアにも大きなチャンス

リップル社の南アジア&MENA(中東・北アフリカ)運営責任者Navin Gupta氏は、米CNBCのインタビューに応じ、リップル社にとって中東には多くのビジネスチャンスがあると話した。

とGupta氏は語り、また5年以内に、GCC(湾岸協力会議、Gulf Cooperation Councilの略称)の国々から送金分野で複数のグローバルブランドが生まれても不思議ではないと見ている。

特に、アラブ首長国連邦(UAE)内で働く外国人労働者の送金先の多くがアジア圏にあり、UAEを本拠地とする国際送金企業Finablr社は、今年2月にリップルネットへの加盟を発表、タイへの送金経路を確保している。

またクウェート国立銀行(NBK)もリップルのxCurrentベースの送金サービスを行っている。

世界的大手フィンテック企業と提携

先日、リップル社が新たにロンドンに拠点を構える大手金融テクノロジー企業Finastra社とパートナーシップを締結した。これによって、リップルネットに参加している組織は、Finastra社の巨大なネットワークにアクセスできるようにもなる。

Finastra社のクライアントの大部分を占める南北アメリカには、約7,840のクライアントがいる。一方、中東及びアフリカにも約210のクライアント機関と業務関係を持っている。

つまり、まだマーケットシェアの少ない地域には、よりビジネスチャンスがある可能性が高いと見られる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B