仮想通貨市場は大幅な価格下落-ビットコイン(BTC)は節目となる価格帯を下抜けする展開に-

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨市場は大幅な価格下落-ビットコイン(BTC)は節目となる価格帯を下抜けする展開に-

仮想通貨市場は大幅な価格下落-ビットコイン(BTC)は節目となる価格帯を下抜けする展開に-

仮想通貨ビットコイン(BTC)を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

仮想通貨の価格チャート

ビットコイン(BTC)の価格チャート

昨日から本日にかけ仮想通貨市場は大幅な価格下落となっており、弱気な相場を形成しています。上値の重たい状況が続いていたビットコイン(BTC)は、今回の下落で節目となる価格帯を下抜けし、今後の更なる価格下落も危険視されています。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

23日未明、ビットコイン(BTC)を始めとする主要仮想通貨が軒並み暴落しました。

ビットコイン(BTC)は、大暴落が起きた9月下旬から7800ドルがサポートとして意識されていましたが、今回の下落で底値割れする展開となり、現在は今年6月のサポート水準である7400ドル付近に位置しています。

仮想通貨時価総額トップ10のチャートを確認すると、ステーブルコインであるテザー(Tether)を除いた主要仮想通貨がいずれも大きく価格を下落させていることが分かります。

節目とされていた強力なサポートを下抜けると同時に、大手仮想通貨取引所「BitMex」では約215億円分のロングポジションが解消されており、不安要素として囁かれていた「量子超越」に関するネガティヴファンダに加え、「BitMex」による売り仕掛けが主な原因と考えられます。

明確なサポートを下抜けしてしまったビットコイン(BTC)は未だ目立った反発の動きを見せておらず、上値の重たい状況が続いています。

ビットコイン(BTC)は9月下旬に形成していたトライアングルを下抜けて以降、弱気な相場が継続しています。

依然として下降トレンドが続くビットコイン(BTC)ですが、日足チャートを見ると現在の位置は今年6月に強力なサポートとして機能していた価格帯(7400ドル付近、青ボックスライン)であることが分かり、反発が期待できるポイントと考えられます。

本日16時頃に再び7400ドルを割り込む展開となりましたが、二番底が意識され強い反発を見せているので、当面7400ドル付近は反発ポイントとして意識されるでしょう。

現在再び7400ドル後半に価格を戻しているビットコイン(BTC)ですが、弱気なトレンドは依然継続中と考えられ、今後の更なる価格下落も想定しておく必要がありそうです。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B