米大手仮想通貨カストディアン、メーカー(MKR)のガバナンス投票プラットフォーム運用開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米大手仮想通貨カストディアン、メーカー(MKR)のガバナンス投票プラットフォーム運用開始
 

米大手仮想通貨カストディアン、メーカー(MKR)のガバナンス投票プラットフォーム運用開始

Anchorageがガバナンス投票プラットフォームの運用開始

新着記事

Visaが出資している仮想通貨カストディアンAnchorageは、メイカー保有者のためにガバナンス投票プラットフォームを運用開始した。さらなるコインのサポートも予定されている。

機関仮想通貨カストディアンAnchorageは、投票への参加者を増やすための試みとして、MakerDAOの MAker(MKR)トークン保持者がオンチェーンガバナンスへの議決プラットフォームを始めた。

木曜日にアンカレッジによって発表された内容によると、アンカレッジの投票プラットフォーム(Anchorage Governanceと称される)は、MKRトークン保有者の次回11月15日Multi-Collateral Dai(MCD)の投票、そしてそれに続く全ての役員投票への参加を助けるだろうとのことだ。

このプラットフォームにより、a16zやPolychain、Paradigmなどの投資業界での有名人も含むアンカレッジの顧客は、価格を安定させるための手数料の調整や1日あたりの預金金利、ポートフォリオの担保金等のガバナンス議決に参加することができる。

「MakerDAOの成功はとても重要だ。MakerDAOにより、MKRを保持しているアンカレッジの顧客は簡単に安全に議決権を有することができる。そして、私たちは、結果として、参加する資産保有者が増えることを期待している。」とMaker DAOの開発者、Rune Christineは述べた。

「とても多くの」MKRトークンの保有数

他社との違いは?

さらなる資産

アンカレッジは、その顧客が「とても多くの」MKRトークン保有数を持っているため、ガバナンス投票プラットフォームは「意味あるインパクト」を将来的な投票者の参加に与えると述べた。

それに対して、「我々の顧客が議題に対してどの方向に投票するのかは私たちの知るところではない。しかし、機関投資家は投資するネットワークの健全性のために、最高の決定を作ることを強く推奨される.
なぜなら、たくさんの危機に瀕していることがあるからだ」とMonicaはThe Blockへ述べた。

メイカー保有者へガバナンス投票プラットフォームを提供しているのはAnchorageだけではない。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B