米CFTC フィンテック革新で進展=リサーチユニットLabCFTCを独立部署に昇格

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米CFTC フィンテック革新で進展=リサーチユニットLabCFTCを独立部署に昇格

米CFTC フィンテック革新で進展=リサーチユニットLabCFTCを独立部署に昇格

米CFTC、フィンテック革新で進展=リサーチユニットLabCFTCを独立部署に昇格  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

米国商品先物取引委員会(CFTC)は、フィンテックイノベーションを促進するために設置したユニット「LabCFTC」を独立営業所としてアップグレードする。ブロックチェーンやデジタル資産を含むフィンテック研究部門であるLabCFTCは、ヒース・ターバート会長に直接レポートする。24日にコインデスクが報じた

2017年にフィンテックコミュニティと連携することを目的にCFTCによって設立されたLabCFTCは、CFTC Office of General Counselの監督下にあった。これまで仮想通貨とスマートコントラクトの入門書をそれぞれ公開してきた。

今後、LabCFTCはCFTCの独立したオペレーティングオフィスとなり、CFTCヒース・ターバート会長に直接報告する。フィンテック研究部門としての使命は継続する。

24日に開催されたCFTCの年次会議「Fintech Forward」でターバート会長は以下のように述べた:

「ブロックチェーン、デジタル資産、およびその他の開発は、私たちの経済にとって大きな可能性を秘めています。LabCFTCは、これらの革新的な新製品のルール開発と作成に取り組む中で、さらに大きな役割を果たします。その実現には、CFTC内の最高レベルでの関与が必要です。そのため、LabCFTCはCFTCの独立したオペレーティングオフィスに昇格させ、私に直接報告します。」

LabCFTCは、シリコンバレーの金融サービス会社Intuitのグローバル公共政策と規制問題ディレクター、メリッサ・ネットラム氏が監督しています。ネットラム氏によると、LabCFTCの新しいステータスは、革新に対するCFTCの前向きな姿勢を示しています。

ターバート会長は、CFTCのビジョンは、「健全なデリバティブ規制の世界標準になること」と述べた;

「これらの技術が現在の規制構造に適合する方法を特定するために、当局がリソースになることを望んでいます。LabCFTCの成功が実証されたので、CFTC内でのポジションを固めたいと考えています。現在、CFTCでさらに大きな役割を担っており、LabCFTCは今後数年間、おそらく数十年間、イノベーターとの重要なリンクになるだろう。」

昇格と共に、LabCFTCは人工知能と金融市場におけるその役割に関する入門書をリリースした。人工知能を定義し、CFTCとその商品デリバティブ市場を監視する作業に役立てる方法について説明した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B