「イーサリアム 2.0」ステーキングでの承認者報酬 最大年利10%と試算

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「イーサリアム 2.0」ステーキングでの承認者報酬 最大年利10%と試算
 

「イーサリアム 2.0」ステーキングでの承認者報酬 最大年利10%と試算

ETHステーキングの報酬モデル

2020年1月3日に予定される【イーサリアム 2.0】のローンチを前に、PoSコンセンサスプロトコルに欠かせない存在であるバリデータの報酬モデルが明らかになった。

ETHブロックチェーン企業ConsenSysの責任者Collin Myers氏によると、イーサリアム2.0のバリデータになるためには、最低32 ETHをロックアップすることが必要だが、その場合、ステーキングの報酬として、ネットワークのローンチ時点で年間4.6%から10.4%の利益を得ることが可能だと見積もっている。

Myers氏は、今月大阪で開催されたイーサリアム開発者カンフェレンス「DEVCON5」で、バリデータが年間総利益と純利益を計算できるアプリを開発していると発表した。

Myers氏の試算によると、200万ETHがステークされ(預け入れられ)ネットワークが始動した場合、32ETHをステークしたバリデータは、最大で10.4%の年利を得る可能性があるという。つまり、バリデータ1つあたり、マックスで3.3 ETHの報酬となる。

イーサリアム2.0(セレニティ)

イーサリアム2.0はスケーラビリティの改善を目指す大型プロトコルアップグレードだ。ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、PoWからPoSへと移行することで、同時に安全性の向上も図る。

また、イーサリアム2.0にステークする資産の量が増えるにつれ、セキュリティレベルが高くなるため、より多くの人々がステークに参加することが望まれる。イーサリアム2.0でのバリデーターの年間報酬は、賭けられた資産の総量と、オンラインでトランザクションをアクティブに処理しているバリデーターの割合によるという。

Myers氏によると、イーサリアム2.0は共同報酬構造を持っており、オンラインの人数が増えることで、誰もがより多くの報酬を得られるようになる。「これはイーサリアム2.0の設計パラメーターの1つで、人間的なレベルで見ると、非常に革新的で天才的だ。お互いのことを知らない人々が集まり、共同で物事に取り組むことを促す設計となっている」と説明した。

PoSへ移行する第一段階(フェーズ0)として、バリデータの登録及び管理を行うシステムチェーン「Beacon Chain」の実装が2020年1月3日に予定されているが、今週、テストネットの立ち上げ準備が完了したことが報告された。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B