中国で暗号法が可決、デジタル通貨(CBDC)実装に向けた準備との声も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国で暗号法が可決、デジタル通貨(CBDC)実装に向けた準備との声も

中国で暗号法が可決、デジタル通貨(CBDC)実装に向けた準備との声も

中国で暗号法が可決、デジタル通貨(CBDC)実装に向けた準備との声も

26日、中国の最高国家権力機関で立法機関である「全国人民代表大会」の常務委員会が「暗号法」を可決した。2020年1月1日に発効予定。26日に中国メディアCCTVが伝えた。

中国人民代表大会は、新法案が市場向けの包括的な規制標準を構築し、商用暗号化(パスワード)技術の研究開発を促進する意向を示した。

「主要な分野で使用される商用暗号化技術を評価するには、明確なガイドラインと規制が必要。現在のゆるいシステムはもはや業界に適さないため、国益に関連する。」

プリミティブベンチャーズの創設パートナー、ドヴィ・ワン氏によると、この法案は「仮想通貨」について直接言及しておらず、より広範な「暗号化(パスワード)」という単語を使っている。中国共産党は「パスワードの開発と使用管理の促進」を目指しており、「中国人民銀行の開発中のデジタル通貨(CBDC)実装に向けた準備」とワン氏は見ている。

法案は、一般規則、コアパスワード、通常パスワード、商用パスワード、法的責任、および補足規則で構成される。コアと通常の違いは管理する機密情報によって区別される。商用パスワードの章は、輸出入管理システム、電子政府電子認証サービス管理システム、監視システムの標準化に関連する。

さらには、行政、企業、社会団体の間でパスワードを促進するため、全国的な教育・トレーニングが奨励されている。

中国議会は7月に新しい法律の提案案を発表し、パブリックコメントを求めていた。業界標準が他のグローバルな暗号システムとの互換性の形、企業が商業ユースケースを当局と検証すべきかなど様々な問題が含まれていた。

25日、中国の習近平国家主席がブロックチェーン技術の導入に意欲を示した。デジタルファイナンス分野の「コア技術のイノベーションの重要な突破口として、ブロックチェーンを採用しなければならない。」と強調した。

中国は2017年にICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁止し、仮想通貨取引ビジネスを事実上禁止した。仮想通貨はブロックチェーン技術の普及に重要な要素だ。中国政府が、今後どのように仮想通貨に対処するか注目が高まっている。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B