急落からの暴騰、先週のビットコイン(BTC)はショートカバーが特に起こりやすかった

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

急落からの暴騰、先週のビットコイン(BTC)はショートカバーが特に起こりやすかった

急落からの暴騰、先週のビットコイン(BTC)はショートカバーが特に起こりやすかった

急落からの暴騰、先週のビットコイン(BTC)はショートカバーが特に起こりやすかった +仮想通貨(暗号資産)ニュースサイト コイン東京

BTCUSD、移動平均線のデッドクロス

BitMEX、XBTUSDの強制清算

先週末、ビットコイン(BTC)は7,400ドル前後の安値から10300ドルへと急騰した。多くのアナリストは、中国の習近平国家主席によるブロックチェーン技術導入に向けた力強いメッセージが、ビットコイン上昇の媒介と考えるだろう。しかし、仮想通貨(暗号資産)ではなくブロックチェーン技術のみに言及した習氏のコメントは、ビットコイン回復の継続的なドライバーにならないかもしれない。フォーブスが指摘した。

先週の市場環境を振り返ると、ビットコイン(BTC)価格の急落により、投資家はさらなる下落を恐れていた。23日のフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOに対する米国下院議員の攻撃は、ビットコインやステーブルコインを含むデジタルトークン全体で世界的な取り締まり強化を懸念させた。

テクニカルデータはビットコインの「デッドクロス」を示し、恐怖と欲望指数は「20:極端に低い」を指した。「暗号市場のセンチメントは現在非常に低い」と、eToroのシニアマーケットアナリストのマティ・グリーンスパン氏は、25日の高騰直前に顧客向けメモに書いていた。これらの条件は投資家にビットコインの価格下落に賭けるよう促しただろう。

分析プロバイダーSkewによると、ビットコイン価格が数分間に数百ドル回復した際、デリバティブ取引所BitMEXで約1億5,000万ドル相当のXBTUSDのショートポジションが清算された。

ショートセラー(空売り)がポジションの買い戻し(カバー)を強いられたため、購入注文が急速に増加し、価格を引き上げる「ショートスクイーズ」を発生した。Rekt BitMEXのデータによると過去48時間に合計4億9200万ドルのポジションが強制的に解消された。(この数字はイーサリアム等BitMEXの永久スワップ全体を含んでいる。)

「特に取引量が少ない間、この市場の感情はかなり急速に変化する可能性があります。」とグリーンスパンは先述のメモで付け加えた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B