ビットコインはギャップアップスタート、中国系アルトコインが大幅に上昇

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインはギャップアップスタート、中国系アルトコインが大幅に上昇

ビットコインはギャップアップスタート、中国系アルトコインが大幅に上昇

ビットコインはギャップアップスタート、中国系アルトコインが大幅に上昇 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

BTCUSD、CME

28日朝、米Coinbaseでビットコインは1BTC=9,575ドル(1,034,100円)で取引されている。23日のフラッシュクラッシュで7,300ドルに急落したビットコイン(BTC)は、週末に強力なパフォーマンスを見せた。26日に最大10,600ドルに達し、BTCは2日間で42%もの上昇幅を記録した。

問題は、CMEが週足を閉じた直後にビットコインが10,600ドルに急上昇した事。25日にCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は8,715ドルで取引を終えていた。CMEのビットコイン先物は日曜日に9,700ドルで寄り付き、約1000ドルのギャップアップスタートとなった。

米国先物市場CMEは週末に取引を停止するため、その間の急激な値動きは「窓開け」と呼ばれる価格ギャップを生みます。これらのギャップはそれぞれ最終的に埋められる(窓埋め)傾向があるため、トレーダーが意識する要素となっています。

ビットコイン先物の価格ギャップの埋め戻しは、需給の不均衡、またはトレーダー感情の大きな変化を示します。背後にはトレーダーの生存バイアスがあり、平均値へ回帰するよう作用します。@RichardHeartWinによると、これらのギャップは数日から数週間、さらには数年後に「埋め戻す」場合がある。

一方、アルトコイン市場では、ネオ(NEO)やオントロジー(ONT)のような中国系プロジェクトで利益を上げている。25日に中国の習近平国家主席がデジタル金融の革新に向けた重要なブレークスルーとして「ブロックチェーンの導入」を呼びかけた後、全国人民代表大会の常務委員会が「暗号法」を可決した。これらは仮想通貨ではなくブロックチェーンにフォーカスしたものだが、中国内外で関心が高まっている。

28日の仮想通貨市場全体の時価総額は2447億ドル、25日の2,048億ドルから20%増加した。同期間、ビットコインの市場占有率は65.6%から68.2%の増加に留まった。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B