中国管轄局(CAC)、登録済みのブロックチェーン・プロジェクト500を公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国管轄局(CAC)、登録済みのブロックチェーン・プロジェクト500を公開

中国管轄局(CAC)、登録済みのブロックチェーン・プロジェクト500を公開

中国管轄局(CAC)、登録済みのブロックチェーン・プロジェクト500を公開  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

ブロックチェーン技術特許申請数

中国国家サイバースペース管理局(CAC)によると、国内のブロックチェーン(BC)業界ではすでに506のエンタープライズ・ブロックチェーンプロジェクトが進行している。今年1月以来、当局は監督のためにブロックチェーン技術を開発する組織に登録申請を求めていた。

*Blockchain規定において、ブロックチェーンサービスプロバイダは、関連する組織コード、IDカード番号、携帯電話番号をチェックし、ユーザーのログイン記録を少なくとも6ヶ月間保持し、ブユーザーの身元を証明する必要がある。許可要件はないが、ブロックチェーンサービスは開設から10営業日以内にCACに記録を提出する必要がある。CACは1月28日にブロックチェーン情報サービスのレコード申請管理システム(https://bcbeian.ifcert.cn/)を公開した。

Blockchain規定はインターネット、またはブロックチェーン・テクノロジーやシステムに基づくアプリケーションプログラムを介して一般に提供される中国のBlockchain情報サービス事業者に適用される。

つまり、マイニングプール、ウォレット、パブリックチェーン、コンソーシアムチェーン、プライベートチェーンは全て登録する必要がある。一方、ブロックチェーン技術に基づかないブロックチェーンメディア、市場情報、コミュニティなどその他の関連サービスは対象外。またdAppsなど利用ユーザーは申請不要だが、開発者とオペレーターは要求される。

関連記事

2019年2月15日に施行された「ブロックチェーン情報に関する管理規則(Blockchain規定)*」に基づいて、CACは関連企業の申請書を評価している。

3月に公開された197プロジェクトには、Baidu、Tencentといったインターネット上場企業の他、VeChain、OnlyChain、Wanxiang Blockchain(アクセラレータラボ)を含む18のブロックチェーンスタートアップが含まれた。

中国の検索エンジン大手Baiduは、独自のブロックチェーン「Xuperチェーン」のホワイトペーパーをリリースし、ブロックチェーンサービスの特許取得済みのインフラストラクチャを概説した。

10月に309プロジェクトが公開された。リストには、中国最大の中国国営銀行や商業コングロマリットを含む、中国経済を代表する多くの政府・公共部門プロジェクトが含まれる。2つの主要な国立銀行を含む6銀行が14のブロックチェーンプロジェクトを申請している。

Baiduのブロックチェーン子会社Duxiaoman(度小满)は10月のリストに登録されている。Duxiaomanは、CryptoKittiesに似た分散型アプリケーション(dApps)ゲームを昨年8月以来提供している。

中国インターネットコングロマリットのアリババ、バイドゥ、テンセント、ファーウェイは、ブロックチェーンクラウドサービスの競争を繰り広げている。各企業はブロックチェーンクラウドサービスに関する情報を提出した。アリババは特に活発だ。iPR Dailyが2018年9月に公開したブロックチェーン関連のグローバル特許申請数で、アリババはIBMとバンクオブアメリカを上回っていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B