仮想通貨(暗号資産)デリバティブの交換所、CoinGecko掲載件数3倍増

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨(暗号資産)デリバティブの交換所、CoinGecko掲載件数3倍増

デリバティブ取引の概況(CoinGeckoより引用、以下同)

仮想通貨(暗号資産)のデリバティブ取引は、国内でも活発に行われているが、2020年に施行予定の法改正で、金融商品として組み込まれる。目下、規制のあり方については議論が行われている。仮想通貨(暗号資産)のグローバルランキングサイト「CoinGecko」は、2019年第3四半期を通して、世界的に仮想通貨(暗号資産)デリバティブ分野が盛況であることを報告した。

CoinGeckoによると、同サイトに掲載されたデリバティブ取引所は2019年7月1日時点で6件だった。ところが、四半期末となる10月1日時点で17件にまで増加したという。主要な提供者としてBinanceやBitmex、HuobiやbitFlyerらが運営する各サービスを挙げているが、さらに多くの企業が参加した。CoinGeckoは、デリバティブマーケットを観察するためのデータを準備中だという。

そもそも仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引とは何なのか、CoinGeckoが解説した。端的に言うと非現物の取引、アセット自体ではなく「契約の取引」だ。デリバティブ取引の一種として、国内では「仮想通貨(暗号資産)FX」や「仮想通貨(暗号資産)レバレッジ」等の名称で、デリバティブの一種である先渡取引などが提供されている。デリバティブには、将来の取引を扱うオプションやスワップ、先物取引といった形態も含まれる。

仮想通貨(暗号資産)デリバティブとは

オプションの具体例

先物の具体例

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B