LIFULL、空き家・所有者不明不動産の解決に向け実証実験を11月開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

LIFULL、空き家・所有者不明不動産の解決に向け実証実験を11月開始

ブロックチェーンを用いた不動産移転登記モデル

LIFULLは10月28日、所有者不明の不動産問題を解決するため、実証実験を11月より開始することを発表した。昨今、空き家や未登記の所有者が不明の物件が急増している。それら不動産の権利移転をブロックチェーンに記録していくことで、問題の解決を図る。実験は、市場価値がゼロに近い不動産をLIFULLがオーナーから無償譲渡を受け、実施するという。

「未登記」を主な要因に、所有者不明の不動産が年々増加している。著しく不動産の市場価値が低下した場合、移転登記費用が不動産価値を上回ることもある。こうしたケースで所有者は移転登記を行わず、取引記録が断絶。所有者不明の不動産が発生している。

実証実験では、パブリックブロックチェーンを用いて取引のタイムスタンプを記録する。従来の紙ベースの契約書よりも、安価に不動産の権利移転記録を残し、移転登記の代替としての可能性を検証するとのこと。

具体的な不動産の譲渡の流れは、まずは当事者同士がトークンの移転をもって不動産の権利移転(譲渡)とみなす契約を締結する。既存の権利証明を電子化し、そのファイルのハッシュ値を含んだ代替不可トークン(NFT)を生成。トランザクションによりNFTを移転する。トランザクションの値を記載した権利証明書を発行することで、譲渡が完了する。

不動産情報サービス事業を営むLIFULLは、2017年よりブロックチェーン技術の研究に着手。不動産情報コンソーシアム「ADRE」に設立メンバーとして加わっている。ブロックチェーンを用いた不動産情報の真正性担保、登記制度の改善、不動産の証券化などに取り組む。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B