アルゼンチン、月200ドルの米ドル購入規制 ビットコイン取引高急上昇

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アルゼンチン、月200ドルの米ドル購入規制 ビットコイン取引高急上昇
 

アルゼンチン、月200ドルの米ドル購入規制 ビットコイン取引高急上昇

アルゼンチンのビットコイン取引高が急増

アルゼンチンは、個人が購入できる米ドルに毎月200ドル(約2万2千円)の上限を課すことになった。これを受け、購入制限のない外貨取得の手段として仮想通貨に注目が集まっているという。

これは、27日の選挙で新大統領としてアルベルト・フェルナンデス氏が選出された後に設けられた新しい規則で、9月から実施されていた米ドルの購入制限が厳格化。毎月1万ドル(約10万9千円)にから200ドルに引き下げられた。

200ドル制限は、法定通貨であるアルゼンチン・ペソ(ARS)価値が劇的に低下し、年間インフレ率が50%を超えたことへの対策の一つであり、アルゼンチン中央銀行(BCRA)はこれは一時的なものだと声明の中で述べている。

現在の不確実性を考慮して、BCRAの取締役会は、この日曜日に中央銀行の準備金を維持しようとする一連の措置を講じることを決定しました。この措置は、2019年12月までの一時的なものです

銀行口座を用いての個人のドル購入には月額200ドル、現金で購入できるドルの金額には100ドルという新しい制限を設けています。

一方、現在アルゼンチンでは仮想通貨購入に対する制限はなく、有効な外貨取得手段として見られているという。P2P仮想通貨取引所であるLocalbitcoinsでは、10月26日までの週で、出来高1,415万ARSの取引が実施。記録上3番目に取引高の多い週になった。

仮想通貨投資家のRhythmTrader氏も「もし、使うのに許可が必要なのだったら、それはあなたのお金ではない。ビットコインは素早く金持ちになる方法ではないが、素早く(規則などの縛りから)自由になる方法だ。」と指摘し、アルゼンチンで人々がビットコインに注目している理由を端的に伺わせた。

米ドル購入が厳しく制限されることで、ビットコインも、代替的な価値の蓄積手段として更に注目される可能性が高まりそうだ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B