マイニング世界2位のカナンが米国でIPO。2つの事業リスクも公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

マイニング世界2位のカナンが米国でIPO。2つの事業リスクも公開

(Image: Shutterstock.com)

仮想通貨採掘(マイニング)世界2位のカナン・クリエイティブ(Canaan Creative、嘉楠 耘智)は10月28日、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の申請書類を提出した。

調達目標は4億ドル(440億円相当)。目論見書によると、カナンは2019年前半、マイニングマシンで世界の21.9%のシェアを持ち、ビットメイン(Bitmain、比特大陸)に次ぎ2位の座にある。

カナンはこれまで3度にわたって、中国本土、香港でIPOを試みたがいずれも断念した。

マイニングマシンはBitcoin(ビットコイン)相場の影響を直接受けるため、同社の業績も仮想通貨相場が低迷した2018年は不振を極めた。しかし2019年に相場が回復するにつれ、カナンの業績も改善。米国でのIPO申請に踏み切った。

目論見書によると、カナンの売上高は2017年が13億810万元、2018年は27億530万元に増えた一方、純利益は2017年が3億7580万元、2018年は1億2240万元に減少した。同社は業績の変動について、「仮想通貨価格が下落すれば、マイニングマシンの価格も値下がりする」と説明している。

カナンは目論見書で、自社のリスクも明らかにした。2017年から2019年前半まで、同社の売上高に占めるマイニングマシンと部品の販売比率は、いずれも99%を超えており、マイニングマシン市場そのものが縮小すれば、同社の経営に致命傷となることが浮き彫りとなった。

また、売上高における中国顧客が占める比率は2017年が91.5%、2018年が76.1%、2019年前半が87.9%と高く、「中国の規制環境の変化の影響も受けやすい」と述べた。

これらの事業リスクに対応するため、カナンはAIチップなど新規事業にも手を広げ、ポートフォリオの分散を図っている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B