暴騰後のビットコイン(BTC)は膠着状態へ|仮想通貨市況

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

暴騰後のビットコイン(BTC)は膠着状態へ|仮想通貨市況
 

暴騰後のビットコイン(BTC)は膠着状態へ|仮想通貨市況


ビットコイン(BTC)市況
29日の仮想通貨ビットコインは100万円前後で推移。直近では、中国関係ヘッドラインを受け中華系銘柄が動意づいたほか、BTCには南米からの資金流入も観測されていた。

仮想通貨市況

中国習近平国家主席による「共産党がブロックチェーンを重要な革新的ブレイクスルーのコア技術と見なし、テクノロジー開発の推進に取り組むべき」との発言を受けたほか、28日には、中国人民銀行がブロックチェーンに基づいたデジタル通貨の開発に言及、「デジタル通貨『DCEP』の発行を正式に示唆した。

「DCEP」は、中国人民銀行(PBoC)が公式に進めていた国家関連デジタル通貨のことで、Digital Currency Electric Payments(≒デジタル通貨電子決済)の略称となる。

BTCドミナンスは、67.6%まで低下している。

南米からの資金流入

ビットコイン(BTC)市況

ストック対フロー(SF)比率分析

関連:中国人民銀行、デジタル人民元の発行を正式に示唆

外貨取得手段を制限された影響で、迂回ルートとしてビットコイン(BTC)の取引高が急上昇。P2P仮想通貨取引所であるLocalbitcoinsでは、10月26日までの週で、出来高1,415万ARSの取引が実施。記録上3番目に取引高の多い週になった。

また、コインチェックを傘下に収めるマネックスやナスダックの出資する機関投資家向け仮想通貨取引所「ErisX」にて、年内にもBTC・ETH・LTC・BCHの先物取引を提供する予定を明かされた。Bakktも、先物取引を基にしたビットコイン(BTC)オプション商品を12/9から開始しており、追い風となっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B