[cryptopack id="115"]

米Uber 金融サービス部門Uber Moneyを立ち上げ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米Uber 金融サービス部門Uber Moneyを立ち上げ

 

米Uber 金融サービス部門Uber Moneyを立ち上げ

2019/10/29 12:33

米配車アプリを運営するUberは28日、金融ざービス部門「Uber Money」を立ち上げることを発表しました。

リアルタイム決済や、デビットカードクレジットカード、ウォレットサービスなどを展開していくとのことです。

アプリ連動でスムーズな決済とキャッシュバックを提供

Uberデビットカードサービスでは、月額手数料無料のUber デビットカード口座とUber Driver’s アプリを連動させることでスムーズで迅速な決済が可能になります。
また、これらのカードを使うと、3〜6%のキャッシュバックを受けることができます。

Uberクレジットカードサービスでは、金融大手のBarclaysと提携し、Uberのプラットフォームで決済を行うとカードメンバーは5%のUber Cashが付与されます。

デジタルウォレットのUber Walletサービスでは、ドライバーは決済履歴の確認や口座の管理を行うことが可能になります。
数週間以内にUber Driber APPを開始し、UberやUber Eatsのアプリとの連動も予定しているとのことです。

新興国のドライバーに金融サービスを提供

CNBCの報道によると、Uber Money部門のトップであるPeter Hazlehrust氏は今回の発表について次のように述べています。

「世界の400万人以上のドライバーがモバイルバンクにアクセス可能になり、各乗車ごとの支払いを受けることができるようになる。」

現在、Uberの決済のうち、大半はクレジット決済が占めていますが、現金決済は40%とのことです。
新興国のUberのドライバーは銀行口座を持たない場合が多く、このような人々に金融サービスにアクセスできるよう支援するとしています。

「我々は多くの人々にUberの新しい金融サービスを知ってもらいたい。また、これまで金融サービスから排除されてきた人々に金融サービスを提供することが、我々の新しいミッションであると思っている。」

Uberはブラジルやインドですで少額融資のサービスの提供を開始しており、今後もさらに展開を広げていく予定とのことです。

Uberのアクティブユーザーは増加しており、今年度の月間のアクティブユーザー数は1億人に達したとのことです。

また、UberはFacebokの主導する仮想通貨Libraの発行組織であるLibra協会の創設メンバーの1社でもあります。
Libraの発行が実現すれば、将来的にはUberの金事業と提携する可能性も考えられるとのことです。

参考サイト:
”https://www.uber.com/newsroom/introducing-uber-money”
”https://www.cnbc.com/2019/10/28/uber-announces-deeper-push-into-financial-services-with-uber-money.html?__source=twitter%7Cmain”

The post 米Uber 金融サービス部門Uber Moneyを立ち上げ appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4095

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。