Googleの量子コンピュータはビットコインの脅威か?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Googleの量子コンピュータはビットコインの脅威か?

(Image: TY Lim / Shutterstock.com)

米Googleは10月23日、同社科学者が開発する量子コンピュータが世界最高性能スーパーコンピュータの計算能力をしのぐ「量子超越性(量子優位性)」を実証したことを発表した。ネイチャーリサーチにて公開された論文「プログラム可能な超伝導プロセッサを使用した量子超越性」によると、Googleの53量子ビット(qubit:キュービット)プロセッサ「Sycamore(シカモア)」を搭載した量子コンピュータが、世界最速のスーパーコンピュータが約1万年かかる計算を、わすが200秒程度で完了させたことを報告している。

量子コンピュータは、まだ理論が先行した研究途上にある技術だが、量子コンピュータに対して、これまでのコンピュータはすべて「古典コンピュータ」と表現されるほど、その原理は先進的なものとして注目を浴びている。量子コンピュータが実現することで、ある計算分野においては、古典コンピュータと比べて指数関数的に高速処理することができる可能性があるとも言われている。

量子コンピュータの計算能力は、古典コンピュータが不得意としていた因数分解のような複雑な計算を可能にする。これまで極端に時間のかかっていた計算が、量子コンピュータによって実用的な速度で計算をすることができる可能性がある。

実用的な因数分解の計算能力は、暗号分野などセキュリティ上の危機を意味する。現在の多くの暗号は、暗号鍵を知らなくても計算によって解を求めることができるため、量子コンピュータの出現は、仮想通貨やブロックチェーンの危機であるという見方も少なくない。量子コンピュータを使用することで、多くの暗号は簡単に解読できる可能性があると見ているものもいる。

では、今回のGoogleの量子コンピュータは、その可能性はあるのだろうか?

これに対しては、Ethereum(イーサリアム)の考案者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏がTwitterですぐに反応を示した。ヴィタリック氏は「現在の量子超越性の印象は、量子コンピュータの現象とその力を引き出す能力が存在する証拠にはなるものの、実用性にはほど遠い」と述べた。つまり、仮想通貨のセキュリティが破られる対象の技術ではないということだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B