ドイツでも「ビットコインETN」の目論見書の提出事例 米仮想通貨取引所Coinbaseも協力

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ドイツでも「ビットコインETN」の目論見書の提出事例 米仮想通貨取引所Coinbaseも協力
 

ドイツでも「ビットコインETN」の目論見書の提出事例 米仮想通貨取引所Coinbaseも協力

ビットコインETN誕生か

ドイツのスタートアップ企業Iconic社が、フランクフルト証券取引所とルクセンブルク証券取引所への上場を目指し、ビットコイン(BTC)上場投資証券(Exchange Traded Note:ETN)の目論見書を提出した。

本ETNはビットコインのデリバティブ商品である。上場投資信託(Exchange Traded Fund:ETF)と同様、価格が対象商品など特定の指数に連動する仕組みだ。ETFとの違いは、ETNが発行金融機関の信用を基に発行された証券で、裏付けする資産を持たないことである。そのため、発行機関の信用リスクには注意しなくてはいけない。

Iconic社はフランクフルトにあるが、本ETNはルクセンブルクの規制機関に監督されるという。早ければ今年の12月2日には提供を開始できる可能性がある

現在ビットコインなど仮想通貨に関連するETNでは、スイスの証券取引所SIXで取引が行われているが、出来高が乏しく、現物市場から意識される商品には至っていない。しかし、SIXでは全体的にETNの取引量が少ないため、ビットコインETNに需要がないとは判断できかねる。このような上場投資商品が誕生することは、仮想通貨市場としても歓迎したい状況に変わりはない。

ETNが規制認可を取得することがETFを初めとする他の金融商品の誕生につながるという見方があり、ドイツ最大のフランクフルト証券取引所への上場を予定するIconic社のETNには注目が集まっている。

関連米SEC、BitwiseのビットコインETFを非承認

参考資料 : Handelsblatt

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B