ビットコインキャッシュ(BCH)が続伸、Bitmain共同創設者ジハン・ウーの復帰を好感

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインキャッシュ(BCH)が続伸、Bitmain共同創設者ジハン・ウーの復帰を好感

ビットコインキャッシュ(BCH)が続伸、Bitmain共同創設者ジハン・ウーの復帰を好感

ビットコインキャッシュ(BCH)が続伸、Bitmain共同創設者ジハン・ウーの復帰を好感 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

30日にビットコインキャッシュ(BCH)は約290ドル(31,320円)前日比10%+で取引されている。25日の直近安値215ドルから75ドルの上昇となる。

29日、Bitmainの共同創設者のジハン・ウー氏は、共同創設者マイクリー・ツァン氏の辞任を発表した(Bloomberg)。これは、2013年に設立された世界最大のマイニング企業の支配権争いの進展を示している。ウーは、ツァンのさらなる指示や会議への出席を禁止した;

「従業員が会社の経済的利益に害を及ぼす場合、会社は法律に従って民事責任または刑事責任を調査する。」

BitMEX Researchによると、Bitmainは2017年にBitcoin Cashを取得するために営業キャッシュフローの大半を費やした。当時ジハンが会社を管理していた。プリミティブベンチャーズの創設パートナー、ドヴィ・ワン氏によると、ウーがBitmainの従業員に「この船を(沈没から)救うために戻る」と語ったという。ハッシュレートのシェア争いを示唆している。

香港証券取引所(HKEX)に提出されたBitmainのIPO目論見書によると、ウーとツァンはそれぞれ同社株式の21%と37%を保有していた。Bitmainは昨年、HKEXに株式公開を申請したが、今年3月に審査期日を迎えて計画が頓挫していた。

Bitmainの2人の共同創業者は長年共同CEOを務めてきたが、今年初めにワン・ハイチャオ氏と交代していた。

Bitmainの2人の共同創業者は長年共同CEOを務めてきたが、今年初めにWang Haichaoと交代していた。当時、Bitmainは戦略的縮小を進めているとされ、将来的にマイニング事業と継続的なキャッシュフローを見込める事業を残し、他の新規事業を廃止する方針と伝えられた。廃止される事業には、ジハン氏が統括してきたBCH関連事業や、AI事業が含まれるとも一部で報じられた。

公開会社登録情報によると、ウーは最近、ツァンからBitmain北京法人の法定代理人を引き継いだ。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B