フェイスブックLibraは中国人民元の強化剤にもなり得るーANZ Research

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

フェイスブックLibraは中国人民元の強化剤にもなり得るーANZ Research

フェイスブックLibraは中国人民元の強化剤にもなり得るーANZ Research

フェイスブックLibraは中国人民元の強化剤にもなり得るーANZ Research  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

Libraのフィアットシェアと価値:CNY換算

ANZ Researchは、フェイスブックの計画中の仮想通貨Libra(リブラ)が中国人民銀行(PBoC)のデジタル通貨の競合になり得るが、同時にその採用を促進させる可能性もあると主張した。

過去5年間にアジアの業界調査で30を超えるトップ3ランキングを獲得し、数々の業界賞を受賞した分析会社ANZ Researchは、中国人民元の脱ドル、Libra、RMBのグローバル化に関するレポートを22日に発行した。

ANZによると、中国は依然として外貨準備高の大部分を米ドルに配分しているが(2019年6月現在に推定約59%)、いずれ多様化のペースを加速させる可能性が高い;

“2019年6月に他のソブリン資産は1.8兆人民元(27兆7246億円)と推定される。保有資産の大部分は、欧州および中国の一帯一路イニシアチブに関与する国々の株式および委託貸付であるため、中国のソブリンポートフォリオにおけるUSDのシェアは、中国の外貨準備におけるシェアよりも低いはずだ。”

Libraの準備金バスケットはRMB(人民元)を除外するため、仮にLibraの使用量が増えるとRMBの使用量が損なわれる。そのため、PBoCはデジタル通貨DCEPを開発することで競争力を高めようとしているというのがメインストリームの見解だ。

しかし、ANZ Researchの見解は少し異なる。ブロックチェーンは、中国の外貨準備投資に対して代替可能な資産クラスオプションを提供し、政治的考慮事項から比較的独立している可能性があるという。

“ひとたびLibraが政治的考慮から独立した世界的に代替可能なツールになると、PBoCはブレトンウッズ政権時代の米ドルと同様の交換性の実装を検討できる。これはLibraとのスワップ契約に署名することで実現する。”

オンショア市場では、PBoCが国と通貨スワップ契約を確立した後、CFETS(中国外国為替取引システム)が対象通貨を取引プラットフォームに追加する。現在、ユーロ、円、香港ドル、オーストラリアドル、ニューニュージーランドドルと韓国ウォンなどがある。政府はCNY(内部取引用人民元)を世界的なベンチマークに含めるよう補完的な戦略を進めている。

しかし、中国の輸出業者の間でさえ、買掛金を自然にヘッジする必要があるため、USDが未だ売掛金の優先通貨となっている。ANZによると、デジタル通貨は中国が検討すべき新しい領域を提供する。そしてフェイスブックのLibraは、有力な候補になる可能性があるという。

“中国がデジタル相互運用標準を構築した場合、Libraは人民元の世界的な受け入れを潜在的に引き上げる可能性がある。そうなれば、1944年に開始されたブレトンウッズシステムに匹敵する画期的なイベントになるだろう。”

報告書はまた、米国が量的緩和プログラムを開始した2008年以降、中国の政策当局が米ドルの価値について深刻な懸念を表明した時から、中国が米ドルへのエクスポージャーを削減しようとしていたことも指摘した。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B