[cryptopack id="115"]

暗号資産専用ショッピングモールのクリプトモール、OKEx取引所発行「OKB」決済を導入【フィスコ・アルトコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

暗号資産専用ショッピングモールのクリプトモール、OKEx取引所発行「OKB」決済を導入【フィスコ・アルトコインニュース】

 

暗号資産専用ショッピングモールのクリプトモール、OKEx取引所発行「OKB」決済を導入【フィスコ・アルトコインニュース】

2019/10/30 12:48

暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは29日、マルタ拠点の大手仮想通貨取引所OKExが発行する「OKBトークン(OKB)」を、「クリプトモール」での決済に導入すると発表した。

「クリプトモール」は100万点以上の商品を取り扱う「社会貢献型 仮想通貨専用ショッピングモール」であり、ブロックチェーン技術とマイクロチップを活用することで、いわゆる“ニセモノ”や“パクリ商品”を販売できないショッピングモールプラットフォームが構築可能であるとしている。

同ショッピングモールでは、これまでビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ネム(NEM/XEM)の決済を導入してきたが、今月25日には、仮想通貨取引所世界大手「バイナンス」が発行する「バイナンスコイン(BNB)」決済を開始したと発表している。

今回はこれらに加え、「OKBトークン」での決済も可能となる。こうした仮想通貨を網羅した決済APIの提供を行っている仮想通貨取引所は存在しないため、今回の「OKBトークン」決済の導入により、「独自決済システムを開発できる技術力が証明されたかたちとなる」と説明している。

また、日本国内の仮想通貨取引所では、仮想通貨決済上限額が「30万円以下」と制限されているが、「クリプトモール」はエストニアの国内法に即して自社開発を実施しているため、上限金額を撤廃した決済システムとなっており、「OKBトークン」を使って高額商品を購入することもできるとしている。

同決済の導入により、「クリプトモール」は OKEx取引所が保有する2000万人以上の顧客にアプローチすることができるようになるほか、100万点以上の商品が「OKBトークン」で購入できるようになり、同コインの流動性が高まることが予想されると述べている。

なお、同社は10月28日、OKExと包括的業務提携を締結したと発表している。OKExはバイナンス、フォビと並ぶ世界三台仮想通貨取引所のひとつであり、クリプトモールとOKExが協力することで、「相乗効果を生み、より一層両社のサービス利用者に価値を提供できると判断」し、業務提携にいたったとしている。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4108

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。