露国有企業、ビットコイン採掘シェア「20%」を獲得する新施設を発表 

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

露国有企業、ビットコイン採掘シェア「20%」を獲得する新施設を発表 
 

露国有企業、ビットコイン採掘シェア「20%」を獲得する新施設を発表 

ロシア国有採掘企業がBTCマイニングに

ロシア政府系の大手採掘企業「RMC」は新たなビットコイン(BTC)マイニング施設を運営する予定だ。ビットコインマイニング世界シェア2割の獲得を目指している。

ロシアメディアRBCの報道によると、RMCはメタル工場をビットコインマイニング工場に改造する計画をしている。

同工場はメタル工場として、2018年の米経済制裁を受け閉鎖に至っているが、マイニングファームとして復活させることで、ビットコインの採掘量の20%に及ぶと試算している。

RMCは、2017年に独自トークンRMCのICOを開始し「マルチセル・マイニング」計画を発表。630万ドル(70億円)の資金調達で、ロシア最大のICO調達額を記録した企業でもある。

調達した資金などをもとに、マイニングの研究を行うほか、独自マイニング用ASICハードウェアの開発なども行なってきた。ロシア政府もこのプロジェクトを支援しており、当時中国のマイニング市場が変化するとの見方もあった注目企業だ。

BTCマイニング 最新動向

なお昨日、ライバルのCanaan Creativeは米ナスダックへのIPO上場を正式に申請した。

参考:RBC報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B