イーサリアム(ETH)は10月25日以降急落するも、徐々に価格を回復させる!イーサリアムの今後を価格チャートから分析【10月30日】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

イーサリアム(ETH)は10月25日以降急落するも、徐々に価格を回復させる!イーサリアムの今後を価格チャートから分析【10月30日】

イーサリアム(ETH)は10月25日以降急落するも、徐々に価格を回復させる!イーサリアムの今後を価格チャートから分析【10月30日】

イーサリアムの今後を価格チャートから分析【10月30日】

イーサリアム(ETH)の対BTC日足価格チャート

イーサリアム(ETH)の対JPY日足価格チャート

イーサリアム(ETH)は9月7日より長期的な上昇トレンドを形成していたものの、10月9日より上値更新の動きは見られず、徐々に上値を切り下げる展開を続けました。10月25日から10月26日にかけては大陰線を連ねながら価格を大きく下げます。暴落にて、それまでの上昇トレンドが一時終えた可能性が高まったイーサリアム(ETH)ではありますが、10月28日より徐々に価格を回復させる展開を続けています。今後イーサリアム(ETH)はどのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

イーサリアム(ETH)を取引するならコインチェック!口座開設はこちらから
コインチェック口座開設

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。10月9日を天井として、徐々に上値を切り下げながら短期的な下降チャートを形成していたイーサリアム(ETH)。一度は0.0207BTC台でサポートされる動きを見せたものの、10月9日以降の下降トレンドラインに抑えられた形となり、上昇は限定的となりました。

反発の動きが限定的となったイーサリアム(ETH)は10月25日より大陰線を形成、10月26日まで下落は続き、下値を0.0189BTC台まで落とします。

現在のイーサリアム(ETH)相場にとって0.0189BTC台近辺は9月24日にも強い反発を見せた価格帯であり、9月上旬からの上昇チャートに対するフィボナッチラインでもあります。

転換線として十分に機能する価格帯で反発を見せたイーサリアム(ETH)は本日10月30日までに徐々に価格を回復させる値動きへ切り替え始めました。

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。10月23日よりダブルボトムを形成した形で短期的な上昇チャートを形成しているイーサリアム(ETH)は10月11日以降の上値近辺がレジスタンスラインとなり、揉み合いの値動きへ切り替わりつつあります。

レンジ相場を形成しつつあるように見えるイーサリアム(ETH)ではありますが、10月26日のローソク足を確認した場合、上値を試し、すぐに反落を起こしたことがわかるイーサリアム(ETH)ですが、その後再び上値を切り上げながらレジスタンスラインに向かって動き出している点から、まだまだレジスタンスライン突破の可能性が高い状況と言えるでしょう。

注目するポイントはレジスタンスラインに上昇を抑えられながらも下値を大きく下げることが無いのか注目です。

10月25日から10月26日にかけて急落したイーサリアム(ETH)、その後徐々に価格を回復させながら落ち着きを取り戻しつつある状況です。

しかしイーサリアム(ETH)チャートを長期的に見た場合、9月19日、10月9日を天井とし、三つ目の天井を形成する可能性が秘められているイーサリアム(ETH)は今後head and shoulderを形成する可能性があるでしょう。

下落サインであるhead and shoulderが今後形成される場合、現在回復に向かっているイーサリアム(ETH)の上値は10月9日時点の0.0230BTC台まで上昇しない可能性があります。

その中で三つ目の天井として可能性のある価格帯はフィボナッチラインである0.020BTC台、0.0214BTC台が考えられることになります。

現在徐々に価格を回復させているイーサリアム(ETH)ではありますが、長期移動平均線を大陰線形成に伴いブレイクしたことにより、弱気相場目線となっています。

そのためフィボナッチラインである0.020BTC台、0.0214BTC台が天井として形成される可能性が考えられるでしょう。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B