ガートナー「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ガートナー「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を公開

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年(ガートナージャパンより引用)

ガートナージャパンは10月31日、日本国内での技術のトレンドを示す「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を公開した。ハイプ・サイクルは同社が提唱するグラフで、新しい技術が誕生後に注目を徐々に集め、社会実装に向かうまでの世間の期待度を表す。2019年版では40のキーワードを取り上げた。

ガートナージャパンは2018年版の同表で、ブロックチェーンに対する期待はピークを越え、幻滅期へと坂を下りつつあると分析していた。同社がグローバル版の「ブロックチェーン・テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」でも示すように、ブロックチェーンは現在、国内でも幻滅期のただ中に位置づけられている。

ブロックチェーンと同様に幻滅期を迎える技術として、モノのインターネット(IoT)と人工知能(AI)がある。これらは「概念実証(POC)などの取り組みを通し、単に期待を抱いていたところからリアリティに直面するようになった困難の表れ」だとガートナーの長嶋裕里香氏は説明した。「悪いことではなく、テクノロジの真価や導入の時期、採用・導入領域を見極めるタイミング」だという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B