ビットコイン(BTC)が誕生11周年 ホワイトペーパー公開までの歴史を振り返る

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン(BTC)が誕生11周年 ホワイトペーパー公開までの歴史を振り返る
 

ビットコイン(BTC)が誕生11周年 ホワイトペーパー公開までの歴史を振り返る

ビットコイン論文が誕生11周年
サトシ・ナカモト氏によりビットコイン論文が誕生11周年を迎え、祝福の声も多く見られる。本記事では、ビットコイン誕生までの歴史を追った。

ビットコイン論文が誕生11周年

ビットコインは31日、ホワイトペーパーの公開日から11周年を迎えた。ホワイトペーパーは2008年10月31日、サトシ・ナカモトにより公開された。仮想通貨取引所バイナンスをはじめ、多くの人々が、この偉業を祝福している。

ビットコイン論文誕生まで

この論文では、ブラインド署名を利用した匿名決済やお金をデジタル形式で保存するアイデア「eCash」を提唱している。Chaum氏はこのアイデアを元にDigiCash社を設立し、事業化を試みたものの失敗に終わった。

それから10年以上経った1997年には、Adam Back氏が現在のビットコインのコンセンサスアルゴリズム「Proof of Work」の基となった「HashCash」を考案した。その翌年の1998年には現在のビットコインと非常に近い概念の「b-money」と「Bit Gold」が発表されている。

しかし、それから10年後の2008年10月31日に、ビットコイン論文(ホワイトペーパー)が公表。仮想通貨の歴史の幕を開ける一歩となった。

この論文の執筆者はサトシ・ナカモトと名乗っているが、その人物の正体は不明で、実在するか否かは分かっていない。一部では複数によるグループに使われた仮名とも言われている。

この論文が発表された時期はリーマンショック直後ということもあり、金融機関や政府など、巨大権力を握る中央集権的な機関への信用が薄れる人々が増えていた。そうした中で、非中央集権的なシステムを提唱する、このビットコインの概念は徐々に浸透し、広まりを見せていった。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B