Bakkt、BTCデリバティブ提供で「全種類の金融機関と交渉中」ICEのCEOが発言

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bakkt、BTCデリバティブ提供で「全種類の金融機関と交渉中」ICEのCEOが発言
 

Bakkt、BTCデリバティブ提供で「全種類の金融機関と交渉中」ICEのCEOが発言

Bakktの動きの背景

新着記事

ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)のCEOであるJeffrey Sprecher氏が31日、子会社であるBakktはビットコインデリバティブ商品の提供について、大手銀行やブローカーなどあらゆる種類の金融機関とやりとりしていることを明かした。

株や先物市場の最大手ICEのQ3(7月から9月)の利益について答える中で、Sprecher氏はBakktに関する質問にも回答。先物開始から約1ヶ月でビットコインオプション取引を開始することと、決済分野へ進出することに質問が及んだ。

Sprecher氏はこのことについて、ビットコインデリバティブに対する機関投資家の関心が非常に高まっていることが背景にあると説明。また規制に準拠した方法でどのように仮想通貨へ投資ができるかということを重視していると述べている。

出だしこと振るわなかったものの、最近Bakktの現物決済のビットコイン先物取引で、出来高の急騰が見られた。先月25日には日足の出来高で1025万ドル(約11億円)を記録している。

「そのプラットフォームをうまくオプション取引に利用し、投資家に取引を行って欲しい。透明性の高い方法で完璧なリスクヘッジができるだろう。だからこそ、オプション取引をすぐに開始することに対するプレッシャーはある」と語った。

「我々は、実際の活用事例がないと、業界全体が価値を持ち、成長しないと思っている。指摘したように活用事例の1つは、決済を通して行われるデジタル上での価値の移動だと考える」と述べた。

関連Bakktの仮想通貨決済アプリでスタバの支払い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B