香港の仮想通貨ファンドライセンスが形骸化、承認数はほぼ皆無

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

香港の仮想通貨ファンドライセンスが形骸化、承認数はほぼ皆無
 

香港の仮想通貨ファンドライセンスが形骸化、承認数はほぼ皆無

香港の仮想通貨ファンドライセンス

香港政府は昨年、仮想通貨ファンドに対する正規ライセンスを与える計画を発表したが、これまでのところ、承認されたファンドはほぼ存在していないことが明らかになった。ロイターが報じた。

香港証券先物委員会(SFC)は、昨年10月に仮想通貨ファンドに公的ライセンスを与える計画を、規制ガイダンスと共に発表した。

公的にガイダンスが文書化されたのは、今年10月になってからである。ファンドマネージャーが最低300万香港ドル(約4000万円)の流動資本を維持することや機能的に独立したカストディアンを任命することが要件として含まれている。

現時点で、ライセンスを取得できた稀な企業として特定することができるのは、香港を本拠地とする仮想通貨コンサルティングファームのDiginex社のみという。

SFCへの申請を支援した法律事務所のSimmons&Simmonsはロイターのインタビューに答えて、まだ業界が熟していないことも一因だと示唆している。

規制自体ではなく、仮想通貨ファンドにとってカストディ、監査、サイバーセキュリティなど、一連の必要とされるシステムを構築すること自体がハードルになっているという意見もある。

さらに、ライセンス取得企業の少なさの理由としては、仮想通貨のボラティリティの高さや、「仮想通貨の冬」とも呼ばれた昨年の低調相場が、申請を躊躇わせていたことも挙げつつ、Rocky Mui氏は「機関投資家が市場に参入するにつれて、仮想通貨ファンドは、お蔵入りにしていたライセンス書類一式を、再び取り出してきて申請準備し、完全に規制対応した運用をしようとするのではないか」ともポジティブに予想した。

参考:ロイター報道

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B