セキュリティトークンは欧州で開発が進行-213社の調査レポートをBlockStateが発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

セキュリティトークンは欧州で開発が進行-213社の調査レポートをBlockStateが発表

セキュリティトークンは欧州で開発が進行-213社の調査レポートをBlockStateが発表

セキュリティトークンは欧州で開発が進行-213社の調査レポートをBlockStateが発表 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

Security token ブロックチェーンプロトコルの一部

ブロックチェーン技術とトークンナイゼーションが世界の金融市場を変えつつあり、この変革を推進している企業は世界中に分散しているようだ。10月末にスイスのセキュリティトークン発行プロバイダーBlockStateは「The Global Digital Securities Ecosystem 2019」を発行した。

過去数十年間に渡り新しい革新的なクラスタはシリコンバレーのような場所に集中する傾向があった。しかし、レポートによると、ブロックチェーンのデジタル証券市場の分野では欧州が米国をリードし始めている。

セキュリティトークンエコシステムに関連する213社を調査した結果、88社が欧州に拠点を置く企業と特定されたードイツ;20社、スイス;15社、英国;12社。これに対し米国は83社だった。

セキュリティトークンのサービスプロバイダーの種類に偏りが見られ、より大きな取引を促進する流通市場を含む、重要な構成要素が不足していることがわかった。

セキュリティトークンの発行とサポートに使用されるさまざまなブロックチェーンプロトコルは22種類あった。

トークンの規制された発行を許可するSTO発行プラットフォームを提供する企業は56社あったが、そのうち16社のみが調達資金に関する公開情報を提供していた。計画・実行されたSTOに関する情報を提供している企業はさらに少ない。

現在、運用可能な規制された取引ソリューションを提供している企業はわずか6社、大きな市場ギャップを示した。しかし、既存の証券取引所を含む合計47社が流通市場ソリューションに取り組んでいることが確認された。例えば、スイス証券取引所SIXは、2020年にデジタルセキュリティ取引所SDXを開始する予定だ。

セキュリティトークンの場合、新しいブロックチェーンサービスはスタートアップと大企業の両方によって推進されており、後者の関与がシステムの安定性について安心感をもたらしている事が分かった。BlockStateのポール・クラウディウスCEOは以下のように語る:

「今日のグローバル化された金融市場は、1970年代のデジタルインフラストラクチャの初期から非常に大きく成長し、互恵的なネットワーク、プレーヤー、プロセス、テクノロジーの非常に複雑なシステムになり、分散型台帳技術へと到達しました。多くの側面を簡素化するブロックチェーンのような新技術の導入により、膨大な数の新規市場参入者をもたらしました。」

シンクタンクFrankfurt School Blockchain Centerのヘッド、フィリップ・サンダー氏は以下のように語る。

「セキュリティトークンのエコシステムは急速に進化しています。すべてのセキュリティ(証券)はブロックチェーン上でデジタル化され、近い将来セキュリティトークンで表されるでしょう。この市場を注視し、透明性を備えることは不可欠です。」

今後、規制当局の承認のペースと流通市場の開発が、セキュリティトークン産業の成長スピードにおいて重要な役割を果たすとレポートは締めくくった。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B