中国2大決済アプリが国際クレカでチャージ可能に

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国2大決済アプリが国際クレカでチャージ可能に

(Image: B.Zhou / Shutterstock.com)

中国のキャッシュレス社会をつくりあげた二大決済アプリ、「アリペイ(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」が11月5日、VisaやMastercardなど国際クレジットカードと連携し、中国の銀行口座を持たない外国人旅行者などにサービス提供を開始した。

アリペイは中国のEC最大手アリババの金融子会社アント・フィナンシャルが、WeChat Payは10億人以上のアクティブユーザーを持つメッセージアプリWeChat(微信)を運営するテンセント(騰訊)が提供している決済アプリ。中国では2014年ごろから本格的に普及し、今では高速道路の料金、露店、行商に至るまでカバーするようになった。店頭にレジを置かず、注文から支払いまでモバイルアプリで完結する店も増えた。

だが、これらの決済アプリを利用するには、中国の携帯番号による認証と銀行口座が必要で、外国人旅行者は実質サービスから“排除”されていた。

テンセントはVisa、Mastercard、American Express、Discover Global Network、JCBと提携し、国際クレジットカードでのチャージに対応したことについて、「関連政策の指導に従った」とコメントしている。

中国人民銀行上海総部が10月30日に、外国人が中国の決済アプリから“排除”されている現状を改善するよう「意見」を公表しており、アリペイ、WeChat Payは従ったものとみられる。

アリペイの発表によると、中国の携帯番号や口座を持たないユーザーは、アリペイをダウンロードした後、アリペイ内アプリの「ツアーパス(Tour Pass)」にパスポート画像、電話番号、クレジットカード情報などを登録することで、チャージが可能になる。

チャージの上限額は2000元(約3万円)で、有効期間の90日を過ぎると残高が払い戻される。

チャージした金額は、中国国内でのみ利用可能(との説明を読んで、筆者は実際に池袋のアリペイ対応コンビニでツアーパスからの支払いを試みたが、QRコード読み取り後エラーが出て利用できなかった)。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B