バスケット型ビットコインETF、勝算は?=米SEC申請企業

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

バスケット型ビットコインETF、勝算は?=米SEC申請企業
 

バスケット型ビットコインETF、勝算は?=米SEC申請企業

バスケット型ビットコインETFの勝算は?

米SECが審査してきたビットコインETFの申請は全滅。ウィンクルボス兄弟のETFをはじめ、VanEckとBitwise社など複数のETFも承認に至らなかった。

しかし、現在申請プロセスに残っているバスケット型ETFの勝算には、申請企業Wilshire Phoenix社側は自信と根拠を見せている。

Wilshire Phoenix版ETF(Trust)はこれまで申請されたETFと異なり、BTC単体でなく、BTCと米国債(いわゆるT-Bill)2つの資産に一定の割合で組成するバスケット型の商品だ。

SECがこれまで、市場操縦のリスク・高いボラティリティ・機関向けカストディの欠如を主な理由としてビットコインETFを却下、業界の未熟さを指摘してきた。

Herrmann氏はSECの懸念に対して、以下複数点が解決策となると説明。

『監視シェア協定』とは、CMEが用いる、BTC先物市場と関連現物市場の間でビットコイン基準価値が形成するコンプライアンス方式だという。Herrmann氏は、「この面では、これまでの申請企業が取り組んでいなかった。」とコメントした。

参考:Coindesk報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B