[cryptopack id="115"]

ConsenSysが10月のEthereumの統計を発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ConsenSysが10月のEthereumの統計を発表

 

ConsenSysが10月のEthereumの統計を発表

2019/11/08 11:44

米国に本社を置くConsenSys社が、10月のEthereumネットワークに関する統計リサーチを発表しました。

今回ネットワークの成長が顕著に現れたのは、DeFiアプリケーションへのDAIロックアップ総額、コントラクトウォレットの総数、Brave BrowserなどのDAppユーザー数になります。

本記事では、ConsenSysがまとめた統計資料の一部を抜粋して紹介していきます。

ネットワーク

  • 89の国でEthereumノードが動いている
  • 59のEthereumノードが大学で運用されている
  • 2050年の発行総数の79.76%が既に発行済み
  • 256,776:過去24時間でトランザクションを送信したEthereumアカウントの総数
  • 4.5%:現在の年間発行レート

DApps

  • 2,652:Ethereum上に実装されたDApps総数
  • 57.73k:過去24時間におけるDAppsコントラクトのトランザクション数
  • 33,333ETH:Gods Unchainedのカードセールによる調達資金総額
  • 13,225:DAppsで利用されるコントラクトの総数
  • 8M+:Brave Browserの月間アクティブユーザー

DeFi

  • 25.2M:DeFiアプリケーションにロックされているDAIの総数
  • 0.99:Ethereumのβ値 (=仮想通貨市場の影響を大きく受けている)
  • 0.01:Ethereumに対するDAIのβ値 (≒仮想通貨市場の影響を受けていない)
  • 84M:市場に流通しているDAIの枚数
  • 6k+:InstaDappのコントラクトウォレット総数
  • 0.06%:UniswapにロックアップされているETHの総発行枚数に対する割合
  • 50.96%:MakerDAOのDeFiにおけるドミナンス
  • $89.7M:SynthetixにロックされているUSD建て総額

スナップショット:ユーザーはDAIをどこから借りているのか?

過去6か月間におけるDAIのレンディングボリュームの比較

2019年6月までは、Makerで全体の7割近くのDAIが借りられていましたが、7月以降、Compound v2やdYdXが占める割合が増加しており、10月にはdYdXが借り入れボリュームでトップとなっています。

今後の動きとして、新たなプラットフォームがシェアを伸ばすか、MakerがMCD(複数資産担保型DAI)リリースでドミナンスを回復するのかなどに注目していきたいですね。

このほか、Ethereumに関する統計は以下の引用元またはConsenSys公式ブログで確認することができます。

引用:Ethereum by the Numbers – October 2019

The post ConsenSysが10月のEthereumの統計を発表 appeared first on CRYPTO TIMES

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4191

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。