「アフリカの企業は暗号資産を使用し始めている」-ウォレット&P2P取引Paxful

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「アフリカの企業は暗号資産を使用し始めている」-ウォレット&P2P取引Paxful

「アフリカの企業は暗号資産を使用し始めている」-ウォレット&P2P取引Paxful

「アフリカの企業は暗号資産を使用し始めている」-ウォレット&P2P取引Paxful +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

Paxfulウォレット数推移 引用:Twitter

アフリカの企業による暗号資産の使用は急速に拡大しており、多くのアフリカ人は暗号資産をビジネスチャンスと見ている。南アフリカ市場にフォーカスするP2Pビットコイン取引&ウォレットプロバイダーのPaxfulが先月報告した。

米国に本拠を置き、世界中で300万のウォレットユーザーを有すPaxfulは、アフリカが「最も急成長している顧客ベース」だと述べる。

ナイジェリア、ガーナ、南アフリカは、顧客の中で最も活発なパートであり、多くはドロップシッピング、決済サービス、輸出入ベンチャーを経営しているいう。

「アフリカの起業家は多くの長引く(国内経済的)課題に直面し続けています。しかし我々は、この技術革新が金融包摂や経済発展・雇用創出をいかに実現できるかを、プラットフォームで直接見てきました。」(ユーセフ氏)

アフリカの人々間の取引は、プラットフォームの取引の大部分を占めており、ナイジェリア人、ケニア人、ガーナ人、南アフリカ人の割合が特に大きい。

Paxfulは、10月29日にブログで南アフリカのユーザーベースの成長を発表した。今年10月の南アフリカからの取引が2018年10月比で2800%の大幅な増加した事を報告した。全体として、同期間にアフリカ大陸全体の取引数が64%増加したという。

Paxfulでは、取引が完了するまでビットコインを安全に保持するPaxfulのエスクローサービスなどさまざまなセキュリティ対策により、ユーザーは詐欺師から安全に保護されている。

Google Trendsによれば、「Bitcoin」の検索指数で、11月10日時点にナイジェリアと南アフリカは1位と2位となっている。Binance Researchによると、2011年以降「Bitcoin」の相対的な検索トレンドは西から東にシフトし、現在はアフリカが中心になっているようだ。

ナイジェリアと南アフリカでのビットコインの人気は、不安定な国内経済により通貨切り下げ圧力に晒されてきたという歴史に裏付けられている。経済・政治的な不確実性の高い新興国ではビットコインの関心が増大する傾向がある。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B