JVCEA、新規取扱銘柄にステラルーメンを追加。団体設立後初

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JVCEA、新規取扱銘柄にステラルーメンを追加。団体設立後初

(Image: Shutterstock.com)

仮想通貨交換業協会(JVCEA)は11月12日、会員の新規取り扱い銘柄として仮想通貨ステラルーメン(Stellar Lumens)を追加したことを発表した。ティッカーコードはXLMで、略称はステラとなる。同日より、JVCEA加盟の仮想通貨交換所Coincheckがステラルーメンの取り扱いを開始している。JVCEAがまとめる「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」にも、11月6日付けで追加され、技術の仕様やエコシステムの状況が記されている。

JVCEAはステラルーメンの付加価値として、分散型取引所(DEX)としてStellarXが3年にわたって安定して提供されていることを挙げた。また、評価時点で141のノードによって分散型で運用され、ノードの所在が確認可能であり、十分に分散化しているとして、信用力があることを説明した。新規取扱銘柄の追加は、JVCEAの設立後初めてである。

ステラルーメンは、Stellar社が開発するパブリック型ブロックチェーンStellar Ledger上で発行される仮想通貨。元Ripple(リップル)の開発者らが中心となって作られ、2014年7月31日に公開。同年9月12日よりステラ開発財団(Stellar Development Foundation)を発行主体とし発行を開始した。

ステラルーメンの基本的な仕様はリップルと似ている点が多く、Bitcoinよりも処理が高速で手数料が安価である。一般人、中小企業、中小金融機関の間で直接的に資金を移動可能なプラットフォームとして設計され、IBMが開発中の海外送金ネットワークにも利用される予定だ。11月12日より、国内仮想通貨交換所として初めて、Coincheckが取り扱いを開始した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B