スイス証券取引所SIXにテゾス(XTZ)のETPが上場-Coinbaseが原資産のステーキングを支援

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

スイス証券取引所SIXにテゾス(XTZ)のETPが上場-Coinbaseが原資産のステーキングを支援

スイス証券取引所SIXにテゾス(XTZ)のETPが上場-Coinbaseが原資産のステーキングを支援

スイス証券取引所SIXにテゾス(XTZ)のETPが上場-Coinbaseが原資産のステーキングを支援 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

スイスのフィンテック企業Amun AGは、仮想通貨テゾス(XTZ)をベース資産とする新しいETP(上場投資商品)「XTYZ」を発表しました。

XTYZは、スイスの証券取引所SIXに既に上場されており、米ドル建てで取引されます。ETPは、証券会社の口座を通じて購入可能です。

SIXに規制されるETPは、証券として発行され、取引され、同じ構造で継続的に償還される担保付きの無利子の無記名債務証券です。資産の100%が担保され、第三者に預けられます。

Amun のハニー・ラシュワンCEOによると、ETPは当初、7,000万ドル相当のテゾス(XTZ)を保有します。「XTYZ」の原資産は米国のCoinbase Custodyで保管されます。

テゾス(XTZ)は、プルーフオブステーク(PoS)を採用するブロックチェーンであるため、所定の条件をクリアした所有者にステーキング報酬が発生します。そのためAmunのテゾスETPは、Coinbaseを介してステーキング報酬を受取り、所有者のETP株式に自動配分します。つまり、投資家にとってXTYZ証券の長期保有にインセンティブが働きます。

チューリッヒに本拠を置くAmunにとって、XTYZは、SIXで上場された9番目の暗号資産ETPとなる。時価総額9億ドルで市場19位の仮想通貨テゾスがなぜ選択されたのか、データプロバイダーMessariの調査アナリスト、ウィルソン・ウィサム氏は以下のように推察した;

「テゾスは静かにトークン化された証券の発行プラットフォームの実行可能なオプションになりつつあります。セキュリティトークン発行者の間で、テゾスが必要なツールとセキュリティを提供できるという自信が高まっています。」

「テゾスのオンチェーンガバナンスは興味深い変化をもたらします。セキュリティトークン発行者は、プロトコルの将来の方向に直接参加できます。」と、ウィサム氏は加えた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B