中国内モンゴル自治区の「ビットコインマイニングファーム」に検査ユニットを派遣

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国内モンゴル自治区の「ビットコインマイニングファーム」に検査ユニットを派遣

中国内モンゴル自治区の「ビットコインマイニングファーム」に検査ユニットを派遣

中国内モンゴルでビットコイン採掘ファームに検査ユニットを派遣-「事業シフト促す動き」と専門家 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

中国の内モンゴル新疆ウイグル自治区の関連当局が、暗号資産マイニング会社に対する取締りを強化している。13日にGlobal Timesが報じた。

内モンゴル自治区の産業情報技術局が11日に発行した通達によると、内モンゴルの地方政府は「マイニング会社のクリーンアップと修正を確認する」ために共同検査ユニットを派遣する。

事業が「実体経済」に無関係とみなされる暗号資産マイニング会社は、これらの計画された検査のターゲットとなる。「ビッグデータ業界に参加するふりをすることによって」地元の安価な電気料金、土地、税金を含む政府の優遇政策を享受している企業も同様だ。

中国地方行政は、依然として「デジタル通貨マイニング」規制を強化しているのか。今年9月にウイグル自治区の当局は、マイニング企業を「クリーンアップ、及び調整するため」の通知を最初に発行していた。10月10日~10月30日に、自治区の関連部門が共同検査チームを実施し、修正に関する報告書を作成するという内容だった。

Global Timesがヒアリングした専門家によると、この動きは「中国政府が投機や違法な資金調達など、業界の混乱に対処しようと決意していること」を示唆する。規制強化により、マイニング会社は他のビジネスをシフトし、中国政策でサポートするブロックチェーン技術のリサーチやハードウェアインフラ、アプリ開発サービスにフォーカスしているという。13日に武漢科学技術大学の金融証券研究所のDong Dengxin氏は以下のように語った;

「マイニング業界を規制するのは非常に難しいが、これは投機や違法な資金調達などの金融リスクに満ちている。政府はまた、業界を健全な発展に導くための、最も適切な方法を模索している。」

「私が知っている国内の暗号資産業界で働いていた人の大半は、シンガポールなど東南アジア諸国に既に事業を移しました。彼らは中国で暗号資産市場が終わりを迎えたと感じたようだ。」と中国人民大学のフィンテック研究所のヤン・ワン氏は加えた。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B