RIFTプロトコル:ブロックチェーンのスケーラビリティ問題にたいするブレークスルー

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

RIFTプロトコル:ブロックチェーンのスケーラビリティ問題にたいするブレークスルー

RIFTプロトコル:ブロックチェーンのスケーラビリティ問題にたいするブレークスルー

RIFTプロトコル

RIFTプロトコル ブロックチェーンイメージ

ILコイン RIFTプロトコル

ブロックチェーン技術には大きな可能性を秘めています。その透明性、トレーサビリティ、セキュリティ、速度、コスト削減などお陰で、レガシーシステムに悩まされている産業を大幅に効率化することが可能です。

銀行業界はその最たる例の一つです。大きな金額を週末に送金するとき、ちょっと不安になりませんか?銀行は週末休みなので、月曜の朝まで確認できません。そして、送金
が遅いにも関わらず、非常に高い手数料を請求します。一方、仮想通貨は第三者を必要とせず、誰にでもいつでも転送でき、ほとんどのコインは高速で、低コストで取引が可
能です。時代遅れの銀行業界を革新させるでしょう。

仮想通貨業界はブロックチェーンを適用した最初の業界でした。しかし、このテクノロジーのユースケースは、これだけではありません。不動産、サプライチェーン、デジタ
ルアイデンティティ、ヘルスケア、eSportsなど、世界中で多くの業界が、ブロックチェーンテクノロジーを調査しています。

日本のデジタル通貨取引所は、アジア最大ハッキング被害を受けた、仮想通貨関連の犯罪が犠牲になった場所でもあります。そして、2017年に仮想通貨取引サービスを規制
した最初の国でした。最初の目標は取引所を取り締まることであり、Mt.GoxやCoincheckのハッキングなどの恐ろしい事件を避けることでした。しかし、日本の先進
的かつ革新的なアプローチは、ブロックチェーンテクノロジーにきちんとした規制環境を提供し、ブロックチェーンへの興味を増加させています。

日本のブロックチェーン業界は非常に大きくなり、大手企業もこのテクノロジーを採用しています。数日前、楽天、マネックス、野村、大和などの大手企業に次ぎ、日本で3番目に大きな銀行である三井住友銀行は、ブロックチェーン技術を導入して業務を合理化すると確認しました。

ブロックチェーンへの関心は年々高まっています。にも関わらず、ブロックチェーンの普及が遅れているのは、ひとつの大きな問題が開発の妨げになっているからです。それは、スケーラビリティ問題です。ブロックチェーン業界で最も大きな懸念事項です。

1秒間に数千のトランザクションを処理できるVisaやMastercardなど、従来の支払いネットワークと比較すると、ブロックチェーンソリューションは、スケラービリティが限定的です。たとえば、ビットコインのブロックサイズは1〜2 MBに制限されており、ネットワークが処理できるのは最大7 tx/sです。

現在、ビットコインは大きな問題なくトランザクションを処理できますが、2017年後半から2018年初頭のように、ユーザーの大規模な増加があった場合、仮想通貨のネットワークは混雑しかねません。これにより、取引手数料が非常に高くなり、処理速度が極めて遅くなります。

多くの組織が、ブロックチェーンが持つプラスの側面には期待しています。しかし、実際には、このスケーラビリティ問題と、リスクを内包したプロジェクトが多いため、実装には消極的です。ブロックチェーン業界には、ブロックチェーンのプラスの機能をそのまま残しながら、まともなスケーラビリティを提供するソリューションが必要です。そして、上記のすべてを提供するプロジェクトが存在します。

ILCoinブロックチェーンプロジェクトは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対し、独自の革新的なソリューション「RIFTプロトコル」を提示します。RIFTは、オンチェーン・スケーリングの解決策として、2つのレイヤーを利用します。第一レイヤーには標準のマイニング可能なブロックが含まれ、第二レイヤーにはマイニングされないミニブロックがあります。標準ブロックにはミニブロックへの参照があり、ミニブロックはトランザクションへの参照を使用します。

RIFTには独自の同期プロセスがあり、標準ブロックはミニブロックとは別に同期します。これにより、第1レイヤーと第2レイヤーのブロック間で同時同期が可能になり、RIFTの速度が大幅に向上し、あらゆるタイプの大きなファイルをブロックチェーンに保存できます。

この革新的な構造により、RIFTは大規模なスケーリング機能を備えています。実際に、ILCoin開発者は、テスト環境でプロトコルのブロックサイズ制限を5GBに増やすことに成功しました。11月30日以降 (RIFTのリリースの少しあと) に 、5GBブロックがライブネットで利用可能になります。この巨大なブロックサイズの制限により、RIFTは1秒あたり数百万のトランザクションを処理可能にしました。もっとも、実際の値は、トランザクションのサイズ、ブロック生成時間、およびミニブロックの数によって異なります。

ILCoinは今年初めにコマンドチェーンプロトコル(Command Chain Protocol – C2P)を既にリリースしています。C2Pは、3ノードの防御システムで、51%および量子攻撃など、ブロックチェーン業界の一般的な脅威にたいし、認定された保護を提供します。また、C2Pは、RIFTおよび他の今後のILCoinプロジェクトの基盤となります。
C2PもRIFTも、ILCoinの将来のプロジェクトである、分散型クラウドブロックチェーン(Decentralized Cloud Blockchain – DCB)プラットフォームの作成に不可欠です。
DCBは、例えば、完全に仮想化された環境での安全なデータストレージなど、様々にB2BおよびB2Cソリューションを提供します。

DCBは、「ブロックチェーンの可能性を最大限に引き出す」という、ILCoinの究極の目標の一部であり、仮想通貨以外の組織でもこのテクノロジーを採用できます。また、RIFTはスケーラビリティの問題を効率的に解決し、業界全体の発展にたいし大きく貢献するため、この目標への道の最初のステップとなります。

ILCoinと、その最先端のテクノロジーの詳細については、ILCoinの公式Webサイトや、ILCoin 開発チームのTelegramチャネルをご覧下さい。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B