ビットコインキャッシュがアップグレードを完了|一部のマイナーは不正チェーンの採掘で損失

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインキャッシュがアップグレードを完了|一部のマイナーは不正チェーンの採掘で損失

ビットコインキャッシュがアップグレードを完了|一部のマイナーは不正チェーンの採掘で損失

ビットコインキャッシュがアップグレードを完了|一部のマイナーは不正チェーンの採掘で損失 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ハードフォークを完了し、2つのプロトコル・アップグレードを施した。

ハードフォークは11月15日16:49:28 UTC、ブロック番号609135で発生した。BitMEX ResearchのFork Monitorによると、2つの異なるチェーンに分割された。しかし、PoW(Proof of Work)プロトコルのナカモト・コンセンサスに基づいて、最長チェーンが信頼できる台帳と見なされ、短いチェーンは無効となる。

チェーン分岐は、一部のマイナーが事前に新しいソフトウェアの導入を忘れたために発生した。BitMEX Researchが指摘したように、不正チェーンのマイニングコストは無駄になる;

採掘プールが2ブロックを不正なチェーンで採掘する『機会コスト』は「12.5 BCH + 12.5 BCH =最大25 BCH(約6,600ドル)」に達する可能性がある。

17日昼時点、BCHの正当なチェーンはブロック番号609,370を採掘した。一方、不正チェーンは未明に609,158ブロックを掘続した。

ビットコインキャッシュ(BCH)はロードマップを進めるために6か月毎にアップグレードする。これまで、BCHはブロックサイズを32MBに拡げ、Satoshiオペコードを有効にし、OP_Checkdatasigを実装し、Canonical Transaction Ordering(CTOR)を追加し、Schnorr(シュノア)署名サポートのベースを設けた。

最新のフォークにより、BCHブロックチェーンはスクリプトで最小限のプッシュデータを強制するようになった(Minimaldataルール)。これにより、BCHネットワークトランザクションの大部分が攻撃不能になる。

さらにオペコード「OP_Checkmultisig(verify)」にSchnorr(シュノア)署名のサポートが追加された。これは、すべての署名チェックがSchnorr署名をサポートすることを意味する。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B