「米国の税政変更は仮想通貨ステーキングを促進」米バージニア大学教授=TheBlock Daily

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「米国の税政変更は仮想通貨ステーキングを促進」米バージニア大学教授=TheBlock Daily
 

「米国の税政変更は仮想通貨ステーキングを促進」米バージニア大学教授=TheBlock Daily

米国の税政策の変更とPoSの可能性:米大学教授の論点

新着記事

仮想通貨コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)に関する最大の論点は、必然的に税金に関する議論に帰着すると見られる。

米名門バージニア大学法学部のAbe Sutherland教授が最近発表した論文によると、PoSによるステーキング報酬は所得として課税されるべきではなく、生み出された資産として課税されるべきである。マイナー(採掘者)によるステーキングネットワークの採用や、エネルギー節約、イノベーション等を促進するインセンティブに該当すると指摘した。

PoWプロトコルでは、マイナーはブロック生成とブロック報酬の支払いを可能にするランダムな整数で構成された正しい「ナンス」を見つけるために競争している。

このため、PoWプロトコルは膨大な量のエネルギーを必要としており、安価な電力を供給する地域が有利なエコシステムを形成する。

業界筋によると、PoWの採用はマイナーの活動を米国内にとどめておくインセンティブを与えることができず、代わりにマイナーは、中国やジョージアなど低電力費用かつ寒冷環境でマイニングの冷却コストを節約できる場所に移動している傾向だ。

PoSとコモディディ

なぜ報酬を所得とみなしたのか

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

業界外の人々がエネルギーの使用を懸念する現状から、PoSは効率的であることを見せる絶好の機会だと、Sutherland教授は見ている。

一般的に、より多くのトークンをステークする人は、「宝くじ」のようなシステムで次のブロックを生成するために選出される可能性が高まり、ステーク量に応じた配当を受け取ることができる仕組みになる。

これらの背景を踏まえ、Sutherland教授は米国内国歳入庁(IRS)の2014年の課税ガイダンスが、ブロックチェーンの報酬への過程の複雑さを完全に把握できていないと指摘。

現時点では、IRSはこれらの報酬を「所得」と見なしており、これはステーク報酬を獲得した瞬間に課税されることを意味している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B