米SECがBitwiseのビットコイン上場投資信託(ETF)の否決についてレビューを開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米SECがBitwiseのビットコイン上場投資信託(ETF)の否決についてレビューを開始

米SECがBitwiseのビットコイン上場投資信託(ETF)の否決についてレビューを開始

米SECがBitwiseのビットコイン上場投資信託(ETF)の否決についてレビューを開始 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

米証券取引委員会(SEC)がBitwiseのビットコイン上場投資信託(ETF)申請の否決についてレビューしていることが分かった。

18日に連邦官報で公開された通知によると、SECは、Bitwise Asset Managementが申請したビットコインETFの否決判断についてレビューする。10月9日にSECの取引市場部門はBitwiseのETF申請を否決していた。10月15日時点にSECコミッショナーは再レビューについて申請者に通達していたようだ。

現在の連邦法の下では、コミッショナーの裁量、または請願書の提出後にレビューを実施できる。レビューにつながった理由は明確ではないが、Bitwise側は要請していないため、SECコミッショナーがレビューを要請した可能性がある。

ETF申請に対する否決命令は、レビューが完了するまで有効となる。レビューにより、コミッショナーは否決を支持するか、それを覆すかのいずれかとなる。関連して、一般の人々は2019年12月18日までコメントできる。レビューの期限は設定されていない。

委員会は以前、ウィンクルボス兄弟に提出されたビットコインETF提案の拒否をレビューし、1年以上絶ってから否決を支持した。

9月にSECのジェイ・クレイトン委員長はビットコインETFの実現には、「やるべきことが残っている」と語った。

価格操作について「暗号資産は海外の規制されていない取引所に上場しているため、これらの価格が操作されていないことを確認する必要性がある」と指摘。また、カストディ(保管)が主要な問題であり、SECは投資家がデジタル資産を保有していることを確実に把握する必要があると加えた;

「現在、進歩は見られるが、適切なタイプのプロダクトとして安心できるよう、これらの難しい質問に答える必要がある。」(クレイトン氏)

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B