米Galaxy Digitalがビットコインファンドを新設「米国の上位1%の富裕層をターゲットに」

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米Galaxy Digitalがビットコインファンドを新設「米国の上位1%の富裕層をターゲットに」

米Galaxy Digitalがビットコインファンドを新設「米国の上位1%の富裕層をターゲットに」

米Galaxy Digitalがビットコインファンドを新設「米国の上位1%の富裕層をターゲットに」 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

投資会社Galaxy Digitalは、BakktとFidelity Digital Assetsをカストディアン(保管会社)に2つのビットコインファンドを立ち上げた。19日にブルームバーグが報じた。

2つのファンドは、四半期毎の償還が可能で最低投資額25,000ドルの『Galaxy Bitcoin Fund』と、より高い最低投資額を要し毎週の償還が可能な『Galaxy Institutional Bitcoin Fund』だ。2つともパッシブ運用となる。

Galaxy Digitalのマイケル・ノボグラッツCEOは「暗号通貨への投資に積極的に取り組んでいない50〜80歳の適格投資家“アメリカのウェルス”を引き付けることを目指している」と語る。全米経済研究所(NBER)の2017年の調査によると、米国の最も裕福な人の上位1%が資産の40%を支配している。

Galaxyのファンドはグレイスケールやヴァンエックなど、競争の激しい分野でターゲット顧客を引き付けるために、他社よりも低い料金設定で対抗する目論み。

ブルームバーグL.P.は基金の価格決定エージェントになり、サービスプロバイダーには税務のアーンスト&ヤング、法務のデイビスポーク&ワードウェル、監査のデロイト&トウシュが参加する。

Bakkt Warehouseは、Bakkt Bitcoin Futures契約を取引している機関だけでなく、すべての機関にビットコイン(BTC)のカストディサービスを提供している。

Bakktのケリー・ローフラーCEOは以下のように述べている;

「Bakkt Warehouseは、デジタル資産を保護する機関レベルの保護を提供し、Galaxy Bitcoin Fundsなどの製品とともに市場の発展をサポートするように設計されています。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B