なぜ米テキサス州が仮想通貨マイニング事業の新天地になりつつあるのか?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

なぜ米テキサス州が仮想通貨マイニング事業の新天地になりつつあるのか?

(Image: Shutterstock.com)

Bitcoin(ビットコイン)の相場価格が1BTC100万円台と盛り返して以来、それまで下火になりつつあった事業としての仮想通貨マイニングが再び脚光を浴びている。

8月には米Blockstream社がクラウドマイニングとマイニングプールを新たなサービスとして提供を開始した。また、9月には中国カナン社がGPU比5倍以上のイーサリアム用マイニングマシンを発表している。

しかし、最も注目を集めたのは、中国の世界最大の仮想通貨マイニング企業Bitmain(ビットメイン、比特大陸)が、米テキサス州ロックデールに50メガワット級のマイニングファーム建設を始めたという報道ではないだろうか。将来は同地で世界最大の300MWまで拡大する計画もあるというのだ。

驚いたのは、その規模の大きさもさることながら、中国のマイニング企業が米テキサス州にてマイニング事業を開始するということそのものだ。なぜ、テキサス州なのだろうか?

そもそもマイニング事業は、他社との計算力勝負になるため、事業として成立させるには、大規模なマイニングファームを構築する必要がある。それには広大な敷地とマイニングマシンを駆動させるための安価な電力の供給が必須であるとされている。マイニングマシンを冷却するためにも、できるだけ寒冷地が望ましいということもあり、これまでは中国であったり、北欧に拠点を構えるのが常識だったからだ。

しかし、これからはテキサス州だという流れができつつあるのだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B