FATF、暗号資産に対する取り組みやFATF基準のガイドページを公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

FATF、暗号資産に対する取り組みやFATF基準のガイドページを公開
 

FATF、暗号資産に対する取り組みやFATF基準のガイドページを公開

FATFが仮想資産に対する取り組みや方針をまとめたページを公開

FATF(金融活動作業部会)が暗号資産に対する取り組みをまとめたページを公開した。

これまでのFATFのデジタル資産に対する取り組み、国や暗号資産交換業者に対する勧告などがまとめられている。

ページでは、犯罪に仮想通貨が利用された例として、ランサムウェアのWannacryを取り上げて説明している。Wannacryの例では、ウイルスの侵入、身代金の支払い、ハッカーがウォレットで受け取る、資金洗浄、取引所に送金、法定通貨への交換、使用という段階に分けられてビットコインの悪用例が示されている。

FATF基準について

仮想資産サービス業者に対しては、顧客管理など金融機関と同様の防護策を講じること、送金の送り手と受け手双方の情報を手に入れること、の2点を行う必要があるとした。

参考:Virtual Assets

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B