ビットコイン8,000ドル以下への下落要因に「弱小マイナーによる売却」の指摘、マイニング難易度インジケーターに基づく

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコイン8,000ドル以下への下落要因に「弱小マイナーによる売却」の指摘、マイニング難易度インジケーターに基づく

ビットコイン8,000ドル以下への下落要因に「弱小マイナーによる売却」の指摘、マイニング難易度インジケーターに基づく

ビットコイン8,000ドル以下への下落要因に「弱小マイナーによる売却」の指摘-マイニング難易度インジケーターに基づく +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

数週間横ばいで動いた末に、21日にビットコイン(BTC)の価格がわずか7分で5.3%(約45,000円)急落した。

来年の半分のイベントへの期待にもかかわらず、最新の価格の下落が発生した。ネットワークでのハッシュレートや1秒あたりのトランザクション数など、ビットコインを支える基本要素は一定のまま。

マーケットベアによる取引行動を。取引プラットフォームeToroのアナリストであるAdam Vetteseは、「過去3ヶ月間に厳しい状況を経て、eToroのプラットフォームでは現在の価格帯で取引活動が加速している。投資家は現在、選択肢を吟味しているようだ。」と購読者向けのメールで21日に伝えていた。

7分以内に、ビットコインの価格は価値の5.3%(約45,000円)を失い、コインあたり7252.32ドル(約78万円)に至った。

「市場には多くの短期的なプレーヤーがいます。お金を稼ぐことは彼らの仕事」と、ベンチャーファンドZenith Venturesのパートナー、ドミトリー・ベレンゾン氏は語る;

「価格の暴落は、不安定な資産に対するリスクにおいて、私にとって驚くべきことではないと思います。データまたは開発活動を含めたファンダメンタルズはより重要です。オンチェーンの指標を見ると、特別なことは何も起きていないと思います。」

今回の価格下落の要因候補の一つに弱小マイナーの存在がある。

経済力の低いマイナーは、ビットコイン価格が下落すると高価な採掘リグを運用する採算が取れなくなると廃業する。ビットコインの生成に使用されるアルゴリズムの難易度は今月8日に7.10 %低下していた。

ブロックチェーン・アナリストのウィリー・ウー氏によると、彼らは貯蓄したBTCを売却することで、ビットコイン価格に影響を及ぼした可能性がある。

「半減期前に弱気な価格行動を見せる事は過去に無かった。マイナーはすでに売却量を増やしている。歴史的には強気のセットアップが先導し、収益が大幅に削減された半減期後にマイナーが売却してきた。今回はユニークなセットアップだ。イベント前にかなり弱気を表している。」

同氏の意見は、ビットコインの値動きに対するマイナーの売却圧力を可視化した『Bitcoin Difficulty Ribbon』に基づく。リボンはビットコイン採掘難易度の移動平均で構成されている。

通常、リボンの収縮や下落は弱小マイナーの廃業期を表す。やがてマイナーの売却圧力が収まると、リボンの開放とともに価格が上昇するというもの。

Zenithのベレンゾン氏は、ビットコインの価格行動とトレーダーの予想との相関関係は、一方が他方に影響を与えるという点で「興味深いゲーム理論の質問」と指摘した。“半減後に価格が上昇するという期待が実際のイベント前に価格を上昇させる”と投機させる;

「(しかし)データを見ると、最大の上昇は半減期イベントの発生後12か月であることが示されている。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B