恐怖指数が10月24日と同水準に「テクニカル上モメンタム指標に現れやすい傾向」指摘も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

恐怖指数が10月24日と同水準に「テクニカル上モメンタム指標に現れやすい傾向」指摘も

恐怖指数が10月24日と同水準に「テクニカル上モメンタム指標に現れやすい傾向」指摘も

恐怖指数が10月24日と同水準に「テクニカル上モメンタム指標に現れやすい傾向」指摘も +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

ビットコイン(BTC)チャート

恐怖指数が10月24日と同水準に

22日、ビットコインは11%減少して6,798ドルに下落、5月以来の最低水準となった。200日間移動平均線を下回って以来、ビットコインは弱気のシグナルを示してきた。

中国当局は、暗号資産関連ビジネスの取り締まり強化を正式に発表した。元eToroのマティ・グリーンスパン氏は「習近平が“中国がブロックチェーンを採用する必要がある”と言ったとき、熱狂があったがそれは衰退し、市場は以前の水準に戻っている」と10月下旬にコメントしていた。

今週、自身のリサーチセンターを立ち上げたグリーンスパンは、「暗号資産トレーダーは、モメンタムなどのテクニカル指標に非常に迷信的になる」と指摘する。価格変動の速度を測定する相対強度指数(RSI)は、モメンタム系シグナルの一つだ。

Oandaのシニアマーケットアナリスト、エンダ・モヤ氏は「売却は完全に中国のニュースに基づいている」と指摘した;

「多くの投資家は、仮想通貨市場で最近見られた弾圧が新しい話ではないことを忘れている。北京はPBoCが支援する通貨が実現するまですべてを閉鎖しようとしている。ビットコインは、中国のブロックチェーンの楽観主義から生じたラリーのすべてを失ったが、弱気の勢いは来週さらに損失をもたらす可能性がある。」

グリーンスパンによると、「市場には一般的な無関心と低い感情」がある。Fear&Greed Index(恐怖と欲望指数)は10月24日以来の低水準(23;極端な恐怖)を示している。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B