米フィデリティが年内に最初の仮想通貨取引所と契約へ-注文執行の柔軟性を強化

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米フィデリティが年内に最初の仮想通貨取引所と契約へ-注文執行の柔軟性を強化

米フィデリティが年内に最初の仮想通貨取引所と契約へ-注文執行の柔軟性を強化

米フィデリティが年内に最初の仮想通貨取引所と契約へ-注文執行の柔軟性を強化 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

金融サービス大手Fidelity Investmentsのコーポレートビジネス開発部長でFidelity Digital Assets(FDAS)の社長であるトム・ジェソップ氏は、FDASが年内に最初の仮想通貨取引所と契約する計画を明かした。22日にCoindeskが伝えた。

運用資産31兆円の金融大手Fidelity Investmentsのヘッジファンドの子会社FDASは、2019年春に、ファミリーオフィス、ファイナンシャルアドバイザー向けの「仮想通貨カストディ・取引執行サービス」を提供し始めた。ジェソップ氏によると、FDASはこれまで相対取引(OTC)デスクを利用してきた;

「5か月前の開始時期と比較して、年末までにトレーディングプラットフォームの流動性プロバイダーの数は2倍以上になるだろう。主にOTC流動性プロバイダーにフォーカスしています。おそらく年末までに最初の取引所に接続するだろう。」

FDASは広い市場へのアクセスを得ることで、小口取引にも対応できるようになる。OTCデスクは主に大規模な取引のみを処理する。機関取引ツールプロバイダーTradeblockの幹部ジョン・トダロ氏は「仮想通貨取引所は、オーダー駆動型の取引が多く、リレーションシップ駆動型の取引に依存するOTCデスクよりも包括的だ。OTCは主に大規模なブロック取引に使用される。」と指摘する。

今週初め、FDASはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から信託憲章を取得し、ニューヨークの顧客を受け入れることができるようになった。Galaxy Digitalは最近、2つの新しいビットコインファンドを立ち上げ、FDASとBakktをカストディに指定した。ジェソップ氏によると、ニューヨークのクライアントは今後5〜6週間以内に参入予定だ。

FDASには、ヘッジファンド、ファミリーオフィス、投資顧問、年金基金など、親会社の顧客基盤へのコネクションがある。ジェソップ氏は「セグメントへの関心が存在する」と語った;

「年間を通して、資産クラスを理解するために人々が行った関心レベルと作業量に驚いています。」

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B