ストリーマーDATAコインが前日比300%以上の暴騰

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ストリーマーDATAコインが前日比300%以上の暴騰

ストリーマーDATAコインが前日比300%以上の暴騰

ストリーマーDATAコインが前日比300%以上の暴騰 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京

25日にストリーマーDATAコイン(DATA)が前日比300%以上増加している。イーサリアムのERC20標準で発行されたDATAトークンは、午後の次点に前日比4倍の0.049ドルで取引されている。時価総額は3500万ドルで市場94位にランクしている。

ストリーマーは、オープンソースの分散型ネットワークを使って、データの所有、効率的に共有、収益化を目指すプロジェクトだ。AIがリアルタイムデータを取引するデータエコノミーに適したプラットフォームの構築を目指している。

DATAプロジェクトは着実な開発で知られ、CoinMarketCapによるとエコシステムの健全性を示す「Fundamental Crypto Asset Score」でC評価だ。今回の急騰の要因は定かではないが、24日時点に前日比40%上昇していた。すかさず運営チームは、最近のプロジェクトの発展についてアピールした。

・分散ネットワークの最初のバージョンのリリース
・世界初のデータ連合をデモ
・WWF + Union Bankでプロジェクトの検討が進行
・ヘルスプラットフォームで500万ユーロの一部を獲得
・コアプラットフォームへの登録数が今月7倍に増加 など

TwitterアカウントMittaB氏は、DATAコインの最初のスパイクから、三角保合い、出来高の傾向に注目している。また長期に渡る低迷により売り板が薄く、現時点でさえ100 BTCの成買で100%上昇する状況でもある(Binance)。

最近、暗号トレーダー@davthewaveは、2016年以来のチャートに基づいて、アルトコインの時価総額が購入ゾーンに近づいていると指摘していた。

ワイスレーティングスの小規模アルトコイン指数も拡大しつつあり、2018年12月~2019年4月との類似性が指摘されていた。小規模なアルトコインに「ローリスク・ハイリターン」を感じさせる環境は一部の投資家を呼び戻すかもしれない。

関連記事

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B