NEM(XEM)の価格が5時間で5.1%の下落-直近の安値を割り込む

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

NEM(XEM)の価格が5時間で5.1%の下落-直近の安値を割り込む

NEM(XEM)の価格が5時間で5.1%の下落-直近の安値を割り込む

NEM(XEM)の価格が5時間で5.1%の下落-直近の安値を割り込む-仮想通貨ニュースサイト コイン東京

ネム(XEM)の価格チャート

ネム(XEM)価格下落の原因

ネム(XEM)の1分足価格チャート

ネム(XEM)の2時間足価格チャート

ネム(XEM)の今後は短期的には0.035 USDのラインに注目

2018年11月24日20:00頃から25日1:00頃(いずれも日本時間)にかけて、XEM/USDの価格が下落し、下落率は5.2%となりました。今回はこのXEM/USDの価格動向について詳しくチェックしていきましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

価格下落が始まる前後のチャートの動きは上記に掲載した通りです。11月24日20:06に直近の高値である0.0362 USDをつけた後に下落に転じ、11月25日 1:17には0.0343 USDまで値を下げています。

この期間(5時間11分)の下落率は5.2%となり、大きく価格が下落したといえるでしょう。

今回の価格下落の原因にはどのようなものがあるのかをチェックしていきましょう。

直近のチャートを見てみると、サポートラインに支持されつつも高値を徐々に切り下げていたことがわかります。ディセンディングトライアングルを形成していたと考えられるでしょう。

その後、サポートラインとして機能していた直近の安値を下回ったことによって、さらに価格を下落させる圧力が高まったと考えられます。これによって、5時間で5.2%の価格下落につながったといえるでしょう。

今回のNEMの下落については、ファンダ要素はほとんどないと考えられます。BTCの価格も下落傾向にあり、NEMの価格変動と同時間帯に3%ほど下落しています。

暗号資産市場全体が下落傾向にあると考えることもできますが、NEMにのみ影響する要素はほぼなかったといえるでしょう。

次に、XEM/USDのチャートを詳しく見ていきましょう。

こちらは、XEM/USDの1分足チャートです。20:00頃に直近の高値をつけたあとはしばらくレンジ相場であったものの、その後一気に価格が下落しています。

下落後は再びレンジ相場に突入したように見えるものの、サポートラインを割り込むなど下落傾向が強いといえるでしょう。

2時間足チャートをチェックすると、2019年2月に記録された今年の最安値である0.3328 USDに近づいていることがわかるでしょう。

前述のチャートの動きから、今後のNEMの価格に関する注目ポイントをチェックしていきましょう。

0.035USDのラインは11月25日1:50時点でレジスタンスラインとして機能しているものと考えられます。

短期的にはこのラインがレジスタンスラインとして機能し続けるのか、それともブレイクアウトして再び価格が上昇するのかに注目できるでしょう。

レジスタンスラインをブレイクアウトした場合は、上昇トレンドが発生して価格が持ち直す可能性があります。

長期的に考えた場合、2月6日につけた今年の最安値0.3328 USDに価格が近づいているため、この辺で反発する可能性が高いと考えられます。

しかし、もしこのラインを割り込んだ場合は「さらに価格が下落するのではないか」という市場心理が働いて一気に価格が下落する可能性があるともいえるでしょう。

0.03328 USD付近のラインがサポートラインとして機能するのかに注目できると考えられます。

このラインがサポートラインとして機能し、価格が反発した場合の目安は直近のレンジ相場においてレジスタンスラインとなっていた0.05~0.06 USDです。

11月24日~25日にかけて、NEM(XEM)の価格は5%以上下落して2019年2月につけた最安値に近づいています。

今後はこれが底値になるのか、それともさらに下落するのかに注目できるといえるでしょう。NEM(XEM)ホルダーは今後の動きをこまめにチェックすることをオススメします。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B